切れ味

a0011999_21401180.jpg

今年の私の誕生日は、小諸の中棚荘に家族で出かけて祝ってもらいました。(1ヶ月前の話ですが)

その時みんなからプレゼントされたのが、これ。
グローバルの包丁セットとシャープナーのセットです。

包丁は使うたびに軽く研いで、それほどストレスはなかったので、これまでほとんど換えたことがなかったのです。

・・・・が、これを使ったら、ビックリ!

食材にくっつくようにストンと、自分の力で切る感覚ではないのです。
ピーマンやナスの切り口がスパっと!
気持ち良いなんてもんじゃないですよ。

「えっ、何これ?!」

思わず洩らした独り言。

そのあとの行動は、冷蔵庫の野菜を全部千切り、千切り、ひたすら千切り。
夢中で千切りの山を作っている私は、おそらくニヤニヤしていたと思われ、誰かに見られたらちょっと怖かったかもしれません。

いやぁ〜こんなに気持ち良い切れ味の包丁があるなんてね〜〜参りました。
洗練されたデザインと持ち易さも気に入ったし、今までの何十年もの毎日毎日の料理の時間が悔やまれるほど、楽しい!

シャキシャキとキャベツの千切りをしているうちにトンカツが食べたくなって献立は決まり、お肉の切れ味にも再び興奮したのです。

シャープな切れ味の食材は当然出来映えも味もひと味違うもんです。


道具だね、やっぱり!

by quilt4 | 2008-09-20 22:29 | GOODS