今年のママレード

a0011999_16592346.jpg

10ヶ分の夏みかんを四つ割りにして、皮は水を入れたボールにポイポイ。
実は袋から出して種の半分くらいを出汁袋に入れる。

今回、皮の6割くらいはオレンジピールに使い、残りの皮と実と種を使ってママレードにしました。
今年の作り方は・・・(毎年少し違います)

ピール用はそのまま水に浸けて。
ママレード用の皮は白いところをざっと取り、細かく刻んで水の中へ。

刻んだ皮を水の中で手で揉んで水を換えることを何度も繰り返す。
水が薄黄色になるくらい。
夏みかんだとかなり苦みがあるのでこうします。

そのあと水をたっぷり入れて火にかけ沸騰したら一度煮こぼし、今度はひたひたの水と実と出し袋入り種を入れて皮が柔らかくなるまで煮る。

柔らかくなったら3回に分けて砂糖を入れていく。(種は取る)
砂糖の量は全体量の60%くらいにしました。

艶が出てとろみがついてきたら出来上がり。
冷めてから固まるので、この時点ではかなりゆるい感じです。

このママレードを150gとバナナ、ブルーポピーシードを入れたシフォンケーキを早速焼き、教室のおやつにしました。
生活習慣病の治療をしている生徒さんのため、コレステロールや血圧を下げる効果がある柑橘類の皮、バターを使わないシフォンを選んでみました。
生クリームも35%で。

それから、ココナッツ入りグラノラとママレードをヨーグルトにたっぷりのせて食べましたよ。

日が経つにつれ美味しくなるママレードを楽しめるのは自家製ならでは。
明日はくるみ入りのスコーンを焼こうっと!

by quilt4 | 2008-02-05 17:56 | CAKE