高尾山

a0011999_13515070.jpg

a0011999_13523467.jpg

初めての高尾山!オンザショアのイベントに参加しました。

ゴルフで山を駆け上がることをしていても、ボールの無い山登りにはあまり興味がなかったのですが、テレビでもよく取り上げていたり、行った人が感動していたりで気になっていたもので、思わず申し込みました。

幼稚園生でも歩けるコースはすべて舗装されていてなだらかであるものの、運動不足の腿にはけっこう来ましたが、最高の秋晴れで気持ち良く汗をかきながら薬王院まで1時間ほどで登りました。
a0011999_14174110.jpg
a0011999_14181361.jpg

畳の大広間でオンザショアのヨガを1時間受けて筋肉をほぐし、そのあと精進料理をいただきました。
肉、魚無しでこれほど多彩な味付けと色合い、堪能しました。

お膳には一人ずつ違う言葉を書き添えられた絵はがき、「同じ失敗繰り返さない」とは私のお膳のお言葉。
グッときました・・合掌。

このあと20分ほどで山頂に到着,素晴らしい眺めに感動です。
a0011999_1441426.jpg


a0011999_1426669.jpg
a0011999_14255047.jpg

下山はリフトで。
長い列を待つ間、噂の天狗焼を。

これは想像以上の味でした。
カリッとした皮の中にはふっくら炊けた黒豆餡、甘みほんのりで続けて2ヶたいらげても罪悪感なし。

圏央道を使って家から30分で行ける高尾山、こんなに近くにこんなに素敵な場所が存在していたなんて。
散歩がてら行ける距離のパワースポット、高尾山。

素敵過ぎるよ!

Moreリュック作ったよ

# by quilt4 | 2014-10-26 14:42 | TRIP&FLOWER | Comments(0)

ブラムリーを楽しむ会

いつもブラムリーを届けてくださる長野の小布施屋さん主催の第8回「ブラムリーを楽しむ会」が東京ステーションホテル2Fレストラン「ブラン ルージュ」で開催され、コモローウェディングのお疲れさん会を兼ねて妹と参加しました。
a0011999_14551080.jpg

テーブルにはひとつずつ鮮やかグリーンのブラムリーが置かれ,長野産シャルドネが注がれると間もなく、ホテル特製のおいしいパンと共に「ホタテ貝のソテーブラムリーのピクルス添え」から料理が始まりました。

細く刻んだブラムリーのピクルスがいい味出して、新鮮な野菜やソースとのバランスも絶妙です。
a0011999_1521692.jpg

「フランス産鴨のフォワグラのポワレ ブラムリーソース」
こちらも甘酸っぱいソースがフンワリと食材を包んでうっとりなお味。
a0011999_157162.jpg

「伊達鶏 脚肉の網焼、ブラムリーとオニオンコンフィ 無塩せきベーコン風味」
これ,一番印象的でした。
肉の歯ごたえとソースがぴったり。
そして、それぞれのお皿に合ったパンと美味しいオイルとバター!
a0011999_15123410.jpg

「ブラムリー風味のパリ.ブレスト 軽いムースとクルティアン」+ホテルオリジナルティー
a0011999_1515164.jpg

まず、真っ赤な素敵なお皿に目を奪われて、それからうっすら甘酸っぱいブラムリー風味に感動したデザートでした。

初めてこの会に参加して,一層私のブラムリー熱が高まりそうです。
今年はまだ出荷可能とのこと、こちらのブラムリーを使ったキャラメリゼソースのレシピも教えてもらったことだし、再度注文してみよう!

そして,食事をしながらの妹との楽しい会話は、ウェディングのことや昔の懐かしい話しに及び、「飲み足りないね」と東京駅をうろついた末・・

2次会

# by quilt4 | 2014-09-29 15:48 | FOOD&HEALTH | Comments(0)

COMORROW WEDDING 2日目の集い

a0011999_21151195.jpg

ウェディングが終わった夜の小さな集い。

夢から覚めやらぬ気分のまま焚き火を囲み,酒を飲む。
これが何と言ってもLANDのいい時間なんです。

夜が明けると、リコとそっと部屋を抜け出して朝風呂へ。
これもまた楽しみのひとつ。

ただこの日は朝から買い物に行って食事の支度があるので、心はのんびりでもなかったのですが。

a0011999_2124954.jpg
a0011999_21235197.jpg

娘は花嫁から一転、オンザショアの店長に戻って朝ヨガを一時間。
初めての男子が多くてウ~ンとうなり声があちらこちらから聴こえてくる中、私達は昼ご飯の用意にバタバタ大忙しです。
a0011999_2128386.jpg

私担当はパエリヤ。
大きなパンで2台作りました。
炭のストーブで作るパエリヤは断然美味しくてびっくりします。
満遍なく火が回るし遠せき効果でむらなく炊きあがるんですね。

家だと回りに火が通らずに中心だけ焦げ過ぎてしまうことがあるので、鍋をグルグル回しながら火の通りを均一にしています。
パエリヤはやっぱり野外料理だね。

新設したガーデンキッチンとバーベキュー炉ではKさんや息子夫婦が塩焼きソバとバーベキュー、妹は特製チャーシューを作ってランチにしました。

あちらこちらから「おいしい〜〜お替わり!」という声。
頑張って良かった。
つくづく思いました。
a0011999_2263838.jpg
a0011999_2261885.jpg

ランチのあとはカッティングボード作り。

サワラをカットしただけの板をそれぞれ好きな形に切り抜き、ヤスリをかけて整え、最後にオリーブオイルを染み込ませるというもの。

みなさんとても熱中して楽しんでくれていたようです。
太陽の下ではご飯もこのような仕事もすべて美味しさも楽しさも倍増しちゃうものなんですね。

夕方、一人、二人と帰路につき、楽しかったイベントもお開きに。
最後に残った息子夫婦を佐久駅へ送って行った帰り道、ホッとしたような寂しいような複雑な気持ちで夜道を運転していました。

LANDへ戻ると、焚き火とランプだけのいつもの静かな夜でした。
2日間に渡る夢のような「COMORROW WEDDING」の幕が降りました。
a0011999_22224868.jpg

a0011999_2222319.jpg

私達にとって、ここで過ごしたキラキラ輝くひとときと,それを得るための努力は、きっと一生の宝物になることでしょう。

参加してくれたゲストの皆さん,関わってくれたプロの方々、親戚、みんなの温かい気持ちを胸に娘夫婦の変わらぬ笑顔とリコがおおらかに成長してくれることを信じています。

# by quilt4 | 2014-09-18 22:47 | DREAM | Comments(12)

COMORROW WEDDING 本番

a0011999_22192093.jpg

ウェディング前日の夕暮れ時、ランプ点灯、並べた80ケの椅子に夜露が当らぬようビニールシートをかけ、やり残したことは無いか、明日は本当に晴れるのかと、誰もが落ち着かない夜を過ごします。
a0011999_22263681.jpg

当日、皆の願いが叶っての晴天!

「やった〜!これでもう勝ったも同然!」
何の勝負だかわからないが、思わずこう叫ぶ。
a0011999_22295451.jpg

いつものLANDがパーティー会場に変身した!

こんなに華やかに、おしゃれに、夢のような景色だ!
a0011999_22462526.jpg
a0011999_22451229.jpg
a0011999_22445019.jpg

入り口の受け付き付近には,ウェルカムドリンクの準備とディフェンダーが花で飾られてゲストを歓迎。

a0011999_2244094.jpg
a0011999_22434279.jpg

バンビはドリンクバーに。
a0011999_22482089.jpg

a0011999_2259913.jpg

焚き火小屋の中は料理のバイキング。
a0011999_22495087.jpg

おっと、その前に肝心の挙式です。
a0011999_2251087.jpg

人前式の代表は天使の羽をつけたリコ。
大きなゆったりとした声で立派に大役を務めました。
パパとママは、リコと親族、大勢の親友の前で永久の愛を誓いました。
a0011999_22595672.jpg

a0011999_2334162.jpg

a0011999_2344767.jpg

ウェディングケーキは私が作りました。

数日前から天板でスポンジを10枚焼いて冷凍、パタークリームを作り冷凍、当日の朝、クリームで重ねてマロンクリームでデコレーション。
花嫁がヘアメイクする横で奮闘しました。
a0011999_2382681.jpg

子供はハンモックで遊び、
a0011999_239927.jpg

柴犬のモナカもゲストに交じる何とも自由で楽しいウェディング。
a0011999_23132973.jpg

日も暮れてランプが灯り、あっという間の4時間が過ぎてしまいました。

泣いて泣いて,笑って笑った夢の時間、夏の間の2ヶ月みんなで頑張って準備したどこまでも手作りのウェディングが終わろうとしています。

ああ,名残惜しい・・

この景色をずっと心に留めておこう。
きっとこの空間にいる誰もがそう思ったに違いない。
それほど素敵で温かい場所でした。

a0011999_231225.jpg


明日は泊まりのゲストのためのイベントが盛り沢山。
私達はスタッフとして40人の食事作りをします。
式が済んでホッとする間もなく,再び緊張感がみなぎってきました。

# by quilt4 | 2014-09-17 23:30 | DREAM | Comments(8)

COMORROW WEDDING「準備編」

9月13日土曜日、娘夫婦&璃子のLANDでの手作りウェディングが無事終了しました。
a0011999_2249214.jpg

準備のため前日からLAND入りした私達を迎えてくれたのは,青い空と白い雲,くっきり青くそびえる浅間山。
a0011999_22514418.jpg

そばの花。
a0011999_22521842.jpg

満開のコスモス。
a0011999_22525233.jpg

赤く色づいた林檎。

これまでの異常気象から考えると奇跡のような秋晴れとなり、ウキウキワクワクの心も倍増します。

a0011999_22575489.jpg
a0011999_22573281.jpg
a0011999_2257642.jpg
a0011999_22564349.jpg
a0011999_22561581.jpg

それぞれが翌日のウェディングのために仕事を分担します。
恵子おばちゃんの出店では特製カレーやチャーシューをごちそうになりました。

a0011999_2352330.jpg
a0011999_235323.jpg
a0011999_2344456.jpg

日比谷花壇さんも到着して次々と素敵な花が運び込まれます。
どの花もこの環境にピッタリの色合い,すごいセンス。
私も妹も花が作られていく工程に興味津々です。
a0011999_2382774.jpg

妖精の住む木に花嫁が小さなドアを作りました。
この時はまだ妖精も静かにお昼寝して、翌日のパーティーの華やかさは想像もしなかったでしょう。

# by quilt4 | 2014-09-15 23:16 | DREAM | Comments(2)