<   2014年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

京都を歩きました

a0011999_18461269.jpg
a0011999_1844438.jpg
a0011999_1844720.jpg
a0011999_18432263.jpg
a0011999_1843746.jpg
a0011999_18424543.jpg
a0011999_1842229.jpg

作品展が済むといつも起き上がれなくなっていた私を気遣う妹が、「京都へ行こう!」と言ってくれたので、時間を空けずに飛び出しました。

彼女とはどこへ行っても「歩け、歩け!」
板塀と石畳と灯籠の路地を歩き続けました。

京都の建築物、小さな植え込み、雑貨の飾り方、器、そして食べ物、一泊では満足できませんが、歩いて見つかる大好きなものにひとつひとつ感動する楽しい旅になりました。

新幹線で京都、あっという間に着いてしまうのにどうして足が遠ざかっていたんでしょう。
行ってみたい所がたくさんあります。
きっとまた出かけます。その時も歩いて足に豆を作るんだと思いますが、それが私の旅のやり方、足腰立たなくなるまで続けたいです。

次は嵐山近辺を歩こう!

by quilt4 | 2014-03-18 19:03 | WALKING | Comments(8)

作品展

a0011999_20134845.jpg
a0011999_20132382.jpg
a0011999_20125970.jpg
a0011999_20123311.jpg

a0011999_20232388.jpg
a0011999_2023825.jpg
a0011999_20225110.jpg
a0011999_20223123.jpg
a0011999_20221479.jpg

昨日で幕を閉じた作品展、みんなのキラキラ輝く笑顔と共に夢のように過ぎた5日間でした。
開催中ずっと最高の天気に恵まれ、800人近いお客様をお迎えすることができました。

484点の作品はスポットライトを浴びとても誇らしげに見えました。
お客様の賞讃の声を耳にするたび、さりげなくそばへ寄り聞き耳を立てては嬉しくなった私です。

6年間作り溜めた作品にはそれぞれに思い出がいっぱい。
リングピロー、ベビーキルトなどには家族の歴史が詰まっていることでしょう。

とにかく、みんな素晴らしかった!

なにより気持ちの張りでみんなのお肌が艶々していたし、ずっと笑顔でいられてたぶん5歳は若返ったと思います。

みんなほんとに素敵だったよ!

ありがとう!

お疲れさま!

そして、遠くから見にきてくれたお客様、ありがとうございました。
新たなご縁ができたこと、とてもうれしいです。

それから、母が一人で来られたこと、最終日に滑り込みでY子ちゃんが見に来てくれたこと、この作品展を開催して良かったと心から思いました。

今年はいい年になりそうな予感!

by quilt4 | 2014-03-13 20:59 | PATCHIWORK QUILT | Comments(12)

作品展

a0011999_22451442.jpg

a0011999_21512871.jpg
a0011999_21505954.jpg
a0011999_21502780.jpg
a0011999_215057.jpg
a0011999_21493391.jpg
a0011999_2149681.jpg

無事4日間が終わり、明日の最終日を残すだけになった作品展。

毎日がキラッキラ!

遠い所から来てくださる方、何年もご無沙汰している方との再会は涙が出るほど嬉しく、これまでの緊張感を溶かしてくれます。

私の作品の前には妹の友人がこの場で活けてくれた花!
小諸の丸太をチェンソーで妹がくり抜いた150cmの花器に友人Y子さんが假屋崎ばりのパフォーマンスで活けてゆく。
普通では手に入らない珍しいトルコききょう、ラナンキュラス、あじさいなどを調達してくれて、桜、ゼンマイ、菜の花などと共にどんな風になるのか目が離せませんでした。

テーマは「山里」、私の作品のイメージで作ってくれたそれは、作品の色を邪魔することなく、それでいて優しくも独特な個性を醸し出しています。

右側に置かれたミモザと小豆色のチューリップとは作品を挟んで枝や山で積んできたアイビーで連結され、ひとつの作品となって調和しています。

凄い!初日のこの感動は一生忘れません。
そして、道具を運び込んで、さぁ、仕事に取りかかろうという時のY 子さんが、私の作品の前で感極まって涙を流してくれたこと、この時私とY子さんと妹の思いがひとつになったことを感じてうれし涙しました。
忘れない、一生。

今回の作品展は、42名参加で出品数484点。
それぞれが愛おしい6年分の作品達、みんなでおしゃべりしながらの楽しい時間、忙しい時の貴重な時間、辛い時や悲しい時をも縫い込んで出来上がったひとつひとつ。

みんな自分の子のようにかわいく思える!
たくさんの人に見てもらえて褒められて、ほんとにうれしい!

できるならずっとこのままにして毎日眺めていたいけど、明日一日でおしまい。

最終日、素敵な一日にしよう!

by quilt4 | 2014-03-11 22:49 | PATCHIWORK QUILT | Comments(6)

作品展

飾り付けも終わり、いよいよ明日から作品展です。

それはそれはたくさんの作品が持ち込まれ、上を下への大騒ぎ。
大勢の手によってすべてが壁やテーブルに納まり、位置やライトの微調整を済ませ、すっかり明日の初日を待つばかりとなった部屋を見回した時、今日まで溜め込んでいた緊張がトロトロと解けていくのを感じます。

ほとんどの人が帰ったガラんとした会場、作品達が私に「頑張ったね」と語りかけてくれてるよう。
ひとつひとつの作品が愛おしい私の分身のように思え、ひとりひとりの作者の顔を思い浮かべて見て歩きました。

心は追われて気ぜわしい毎日から解放されて、明日から始まる華やかな日々に切り替わろうとしています。

たくさんの人に見てもらえますように!

楽しんでもらえますように。

by quilt4 | 2014-03-07 21:53 | PATCHIWORK QUILT | Comments(4)