<   2011年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ルバーブ

a0011999_043993.jpg

今年も小淵沢から真っ赤なルバーブを送ってもらい、リリエンベルグのレシピでレモンとペクチンを入れてジャムを作り、
a0011999_075660.jpg

ロールケーキに巻きました。

おいしい!

紅玉が来る前にルバーブジャムをたっぷり作って保存しておきます。
クリームチーズと共にスコーンにのせたり、ヨーグルトに混ぜたり、大好きです。

生のルバーブは刻んで砂糖をまぶし、タルトの生地も冷蔵庫に寝かせて、明日のおやつの準備も完了。

「ルバーブのタルト」です。

by quilt4 | 2011-09-26 00:19 | CAKE | Comments(10)

みんなの作品

急に涼しくなり過ぎて、開けた窓を閉めまくり、靴下+ルームシューズで過ごした一日でした。

こんな時に夏の疲れが出るのか、ちょっとだるさを感じていたんですが、仕事が終わった時には忘れていました。
みんなと夢中になって縫い物をし、笑って過ごすことの有り難さを感じます。

今日のような日には少し季節はずれになってしまったかもしれませんが、(アップが遅れてごめんなさい)たくさんのバッグの作品、キルトができあがっていますのでご覧ください。
a0011999_20325861.jpg
a0011999_2032382.jpg
a0011999_2032910.jpg
a0011999_20315335.jpg
a0011999_20313881.jpg
a0011999_20311834.jpg


いかがでしょう!

みんな頑張ってるでしょう。

私も旬の果物や栗などを使ったおいしいお菓子を作って応援しますからね!

by quilt4 | 2011-09-20 20:39 | PATCHIWORK QUILT | Comments(12)

待ってたよ、ブラムリー!

今年も来ました、青リンゴのブラムリー。
a0011999_11361179.jpg

でも、今年はキロ数に制限があって少しがっかりでした。。

このリンゴを作っているのは長野県の小布施だけのようで、ここで買えないと今年は終わり。
これらを使ってアップルパイを作ると2つくらいしか作れないので、第一弾はアッフェルクーヘンにしました。
a0011999_11354669.jpg

うちではいつも「リンゴケーキ」と呼んでいるものですが、別立てで作ったバターケーキ生地に生のリンゴをのせて焼いたものです。

ブラムリーの酸味が際立っておいしいです。

さて、そろそろ小諸のリンゴ農家にお邪魔するかな♬

Moreうれしい一言!

by quilt4 | 2011-09-16 12:29 | CAKE | Comments(14)

LUNCH

久しぶりに太巻き&いなり寿司を作りました。
a0011999_2252538.jpg

a0011999_22512784.jpg

干し椎茸の甘煮、かんぴょうの甘煮、卵焼き、きゅうり、でんぶの平凡な太巻きですが、他の具を考えてはみるものの、やっぱりこのスタンダードな太巻きになってしまうのです。
a0011999_22545382.jpg

サラダは塩漬け豆腐、茹で塩豚、焼き野菜、水菜、ニンジン、トマトにネギ、シソの葉、ミョウガ。

a0011999_2258692.jpg
木綿豆腐に軽く塩をまぶし
一晩置いたものにこのガーリックオイルを混ぜ、黒胡椒を引くとサラダにGOOD!

豚肉も塩を振っておいて
一晩置いたものを茹でて、このオイルで和えるとおいしい!

これだけでも味がついているんですが、この日はノンオイルのかぼすドレッシングをかけていただきました。

レモンだけ振ってもさっぱりとおいしくいただけます。

ある日の生徒さんとのランチでした♬
(+シジミのみそ汁、味噌は生徒さんの手作りです)

by quilt4 | 2011-09-11 23:10 | FOOD&HEALTH | Comments(9)

お客さん

a0011999_11442121.jpg

朝、カーテンを開けるとヤモリが、ホラ!

このヤモリちゃん、実は1週間ほど前から家の天井に張り付いていた珍客。
昆虫類、は虫類、動物から形状がかけ離れたものはいっさいダメな私ですが、この子はあまりに小さいのと動きが遅いので何とか我慢できました。

夜になると出没する、しかもどこにいるかわからないその姿には、さすがに一瞬ザワっと鳥肌が立ちますが、「ヤモリは健康な家にしか住まない、悪い虫を食べてくれる」と昔、母が言ってことを思い出し、追い出す術も無しで放置していたのです。

でも寝ている目の上の天井に張り付いているヤモリはやっぱり気持ちのいいものではありません。
捕獲を決めて、リコとホームセンターで虫取り網を買い、外へ逃がそうと二人で探しましたが、その日は現れず、何日間か姿を見せないと思ったら、今朝、ガラスの外側にへばりついていたのです。(って、他のヤモリ?)
a0011999_1225964.jpg

ミニーが窓のそばに寄ってきたので、「ミニー、ヤモリだよ、ほら!」
ミニーは若い頃、散歩のたびにヤモリやトカゲ、雀などをお土産にくわえて帰ってきたものです。

息子が高校生、娘が小学校6年生の時に拾ってきたミニー、今年の春で17才になりました。
近頃は目が見えなくなってきていて、目の前のヤモリに気がつきません。
ガラスを叩けばヤモリが逃げてしまうしで、どこ吹く風のミニーさんとヤモリちゃんのツーショットとなりました。

この写真を見るとやんちゃだった頃のミニーを思い出して泣けます。。。。

最近やけに甘えん坊なのは、やはり年なんだな、とは思っていたんですが。。
17才のこの夏、急に衰えがきました。
もうピアノの上に昇ることもないし、2階のタンスの上のお気に入りの場所にも行かない。
時々壁に身体をすり寄せるようにしながら餌を少しずつ食べては、ソファの寝床に戻って行きます。

私自身、ミニーには精神的にとても助けられました。
ミニーにも「ここに来て幸せだった」と思ってもらえるように、「その日」が来るまで一生懸命世話したいと思っています。
a0011999_12283548.jpg

by quilt4 | 2011-09-08 12:39 | CAT&DOG | Comments(16)

いただきました。

生活の木における「石けん研究科」が本日で修了しました。
研究発表を一人ずつ行ったあと、修了書をいただきました。

私は初めの計画ではいろいろな野草の石けんを作ってみようと思っていたのですが、今年の夏の暑さでたくさんの石けんを作る気力が薄れたのと、使用感を比較するのに時間がなかったことなどから、ドクダミに絞り、ドライのドクダミをオリーブオイルに浸けて2週間おいたものを使用したもの
a0011999_1912794.jpg

お湯でハーブティーのように濃く抽出したもの
a0011999_19124098.jpg

それから生の葉を絞って水に混ぜて作ったものの3種類を作ってみました。
a0011999_19125371.jpg

どれも少し濃淡があるくらい。
その中で、生葉のものは一番泡立ちが良く、香りの強い。
これが一番気に入ったので、旬の葉をブレンダーで細かくして布巾で絞って作る方法を今後もドクダミには用いるつもりです。

「夏はやっぱり生絞りだね」

私の場合、あくまでも自分の使用感を追求したに過ぎませんでしたが、皆さんの素晴らしい研究レポートを見せてもらったら、今まで着目しなかったことに比較研究されている方もいらして、驚きました。
緑色を出す方法も教えてもらったので、次回はきれいな緑のドクダミ石けんに挑戦してみます。

香りは・・・・?ドクダミはドクダミ・・・・ですかね。
ドクダミが甘く素敵な香りではへんなもので、ドクダミはドクダミ、ローズにはなれませんね。
そこは野草っぽく泥臭いままでいってみましょう。

修了書と共に「やる気」もいただき、増々石けん作りに励みたいと思います。

by quilt4 | 2011-09-06 19:37 | AROMATHERAPY | Comments(6)

今日のおやつ

a0011999_21565888.jpg

久しぶりにシュークリーム!
台風の目みたいなペーパーが目立ち過ぎ、シュークリームが負けてます。

今日もウロウロ台風のせいで、キッチンはジトジト蒸し暑い。
うっかりするとすぐにカビが生えてしまうので、ウォッカにティートリーとペパーミントをたらして水で薄めてシュッシュ、キッチン周りの掃除をしました。

きれいにしたテーブルにお菓子道具を並べることは、何とも新鮮で気持ちのよいもの、せっかくきれいにしたのに〜と思わないんです。
だいたいがいつもごちゃごちゃしているので、スッキリ片付くと落ち着かないのかな。

汗びっしょりになってミトン流カスタードクリームを4分半炊きました。
そして、シュー生地をオーブンへ入れる段階にきたところで、「あれっ、霧吹きがない!」

もう一つあると思った霧吹きは、小諸の虫除けスプレーとして使ってしまったことをすっかり忘れてアロマオイル入りアルコール消毒液を入れてしまったのでした。

ピ〜ンチ!

オーブンに入れる前に霧を吹かなければ〜〜〜!

仕方なく刷毛で少々水をかけて焼き、ちゃんといつもの様に焼けてホッとしたのですが、そそっかしさは年と共にひどくなってきています。
惚けまではいってないと思うのですが・・・ハァ・・・

ま、終わり良ければすべて良し、としましょう。(教室の作業しながら何度この言葉を発することか)

今日のシュー生地は、210度で13分、180度で8分、150度で5分焼きました。
汗かきながらのお菓子作りももうそろそろ終わりかな。
今年の夏もたくさんお菓子を作って、皆さんの「おいしい!」の笑顔を見ることができました。

9月も半ばになると青リンゴのブラムリーが一番に届く予定です。
リンゴの季節がもうすぐそこ、またプレゼント企画しますからね!

by quilt4 | 2011-09-02 22:49 | CAKE | Comments(8)