<   2011年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ドクダミ茶

a0011999_19554531.jpg

カラッと干し上がりました。

今日はドライドクダミとはと麦茶をブレンド。
弱火で煎じてポットに入れておき、その都度グラスに氷を入れて注いでいます。

暑いときでも熱いものを、と思うけれど、今日みたいな日は無理ですね〜
何杯冷たいものを口にしたことか。

ドクダミ茶を飲んでいるとどんなに汗をかいていてもトイレの回数が増えます。
私は夏に尿管結石の心配があるので、利尿を助けてくれるドクダミは強い見方なんです。
それにコレステロールも下げてくれるらしい。
花の咲く時期のドクダミは一番効力があるそうですよ。

他のお茶とブレンドすれば飲み易いしね。

そうそう、午前中、母から「暑い時は身の回りが汚いと余計暑苦しいから大掃除を始めた」なんて内容の電話がありましたが、なんとその時私も同じことを思い、同じことをしていたところでした。

物をしまったり捨てたり、拭き掃除をするとスッキリします。

ウォッカにティートリーとペパーミントを入れて水で薄めたものをスプレー容器に入れてキッチンの大掃除。
ありんこさんの道を消すためと、ゴキ予防にもなりますし、冷蔵庫の掃除にも便利。

あまり張り切り過ぎて少しクラっとしたものの、夕方の雨の後の爽やかな風で息を吹き返しました。
母は大丈夫だったかな。

ちなみに、白いふたのプラスチック保存容器は「まんまる堂」というネットショップで買ってみたんですが、値段も手頃、クッキーを入れても湿気らずに、軽いし口が広くて使い易いです。

by quilt4 | 2011-06-29 20:38 | FOOD&HEALTH | Comments(8)

季節のお菓子

a0011999_18573216.jpg

先日作った煮梅で「梅ゼリー」を。

梅のシロップ1:水2、グラニュー糖大さじ1、板ゼラチン5、6gでゼリーを作って一粒煮梅をいれました。

あんまり人気なので、今日また梅を買ってきましたよ。
この時期のおやつとしてしばらく登場しそうです。
a0011999_18442790.jpg

そして、やはりこの季節になると欠かせないのが「新生姜のパウンドケーキ」。
a0011999_1848218.jpg

教室のおやつには梅ゼリーとセットにしてお出しすることが多いのですが、私はミルクティーやカフェオレ、冷茶といただくのが好きです。
ごまの香りや生姜の風味を楽しみたい時はコーヒーじゃない方がいいような気がします。

新生姜と発酵バターの香りがフンワリと、とてもバランスの良いレシピで、この季節には欠かせない
焼き菓子です。(小嶋ルミ先生の「おいしい生地!」より)

by quilt4 | 2011-06-26 19:00 | CAKE | Comments(10)

みんなの作品

a0011999_20221879.jpg

暑いですね!

いきなりの暑さには戸惑い気味。
なんだかんだと電力消費も91%だというし、先制パンチ喰らった感じです。

今日は休みだったので、友人を誘って木の葉パンにランチを食べに行き、午後はエアコンをつけずに汗びっしょりになって家事をしました。

無理に節電、じゃないんです。
エアコンはあまり好きじゃないので、休みの時は汗をかくようにしています。
食欲も落ちてきたし、増えた体重を戻すチャンス!

いや、その前に今年はバテルかも。。

さて、作品の紹介ですが。
やはり暑くなるとハワイアンテイストがいいですね〜
いつものバッグを、この方のはちゃんとした(?)ハワイアンキルトを施して作りました。
えらい!
a0011999_20355280.jpg

私もエコバッグをハワイアン柄で。

この生地は何年か前にサンドレスを作った生地です。
懐かしくて着てみたら、なんときつい!
だから壊して袋にしてしまいました〜(ドレスに罪はありませんが)
a0011999_20385689.jpg

こちらは定番のリングピロー。
バンクーバーでの姪御さんの結婚式に間に合うように一生懸命作りました。

a0011999_2043737.jpg

白の綿サテンに好きなグリーンを入れて刺繍。

いよいよです。

MoreCongratulation!

by quilt4 | 2011-06-24 21:03 | PATCHIWORK QUILT | Comments(8)

美味しい色

a0011999_16551694.jpg

仕事柄、色のバランスはいつも気になる所ですが、
長年続けているこのブログでも、カメラに収まる食材や器、小物の色のバランスを大切に考えています。

食べ物が「おいしそう!」と思える条件は、料理の腕は勿論一番なんでしょうけど、色の組み合わせもそのひとつですね。
栄養価も色を揃えればおおよそバランス良く摂れるような気がしますから。

もぎたてトウモロコシの粒を入れたコーンブレッドはきれいな黄色。
グリーンアスパラの濃いグリーンとの相性は抜群です。

この北海道美瑛町の穫れたてグリーンアスパラには、湯がいた瞬間にコーンブレッドが浮かぶほど好きな組み合わせ。

サワークリームの白とイチゴジャムの赤で日曜のブランチです。

Moreおかえり!

by quilt4 | 2011-06-20 17:51 | FOOD&HEALTH | Comments(4)

「なんちゃって」の続き

a0011999_2293615.jpg

スワロの熱接着ラインストーンをつけました〜(ぐふふ)
微妙にピンクとブルーなの。

その際、「ホットデコペン」なるものを購入、ラインストーンを一粒ずつ3〜5秒くらいアイロンの先を押しつけて接着する道具です。
先を三角のアイロン用に付け替えると小さなピースのアイロン掛けに役立ちます。

ラインストーン、小さくキラキラ光ってかわいいったら・・・・・って、写ってませんね〜

それより、手抜きの「なんちゃってキルトバッグ」だったのに、こんなに凝ってどうする!?ってね。

by quilt4 | 2011-06-16 22:19 | PATCHIWORK QUILT | Comments(6)

みんなの作品

a0011999_22573114.jpg

a0011999_22594020.jpg

クッションと子供用バッグ。
同じ作者です。

ラミネート生地のバッグはお孫さん用で、これはとても喜んでくれたそう。
そうでしょうね〜リコもきっとこういうの好きだろうな。
a0011999_2322140.jpg

海外旅行の予定のあった作者が原型より一回り大きめに作ったバッグ。
持ち手は他の既成のバッグからのリメイク、組み立ての難しい形なんですが、旅行に間に合うようにとても頑張ったそうです。
脇のポケットに携帯を入れてとても使い易いといってくれました。
a0011999_2363247.jpg

こちらも同じ型のバッグです。
パッチワークしていませんが手縫いです。
スワニーさんの生地を組み合わせて、おしゃれ!
a0011999_2384063.jpg

四角繋ぎのバッグ。
きれいな色の組み合わせは今の季節にぴったりです。
何色の服を合わせよう♬
a0011999_23121786.jpg

キャシーさんの本から作ったそうです。
パッチワークせずに柄に添ってキルティングして立体感を持たせたもの。
これを我々は「なんちゃってキルト」と呼んでいますが・・・かわいいです!

More私も!

by quilt4 | 2011-06-14 23:39 | PATCHIWORK QUILT | Comments(6)

薪釜パン工房 木の葉

byonbyonさんに紹介してもらって、早速行ってみました。
a0011999_1714071.jpg

a0011999_1712212.jpg

「konohapan cafe」
青梅市黒沢にある薪でパンを焼く素敵なカフェです。

家からは30分弱。
CAFEのカテゴリーよりTRIPに入れたいような場所にあるお店です。
この日はリコと大東いちご園に寄って、圏央道の青梅インター方面から小曾木街道へ入りました。

最近テレビで紹介されたそうで、日曜日の朝は開店20分前に行ってもかなり待ちました。
それでも駐車場の整備も待ち用のいすも完備されていて、森林浴をしながら待つことも楽しい景色です。
a0011999_1733176.jpg

このテラス席を狙っていたのですが、一つ内側の席でした。
a0011999_1755616.jpg

テラスの下には小川が流れていてとても気持ちいい。

店員さんはとても感じよく、セットメニューのビーフシチュー、他にアイスコーヒー、オレンジジュース、コーンスープを注文。
a0011999_1717518.jpg

帰りではパンがなくなるかもしれないとのことなので、料理を待っている間にパンを見ることに。
a0011999_1719350.jpg

くるみとココナッツ、ラズベリー、シナモンレーズン、バゲットを買ってみました。
a0011999_17135841.jpg

ビーフシチューセット、1500円。
パンとコーヒーはおかわりできるそうですが、私はリコと二人でパンが食べきれず、持ち帰りました。

お味はGOOD!
酵母は青梅の杜の山桜の樹から見つかったものを使っているんですって!
興味のある方はHPを見てくださると詳しく載っています。
http://www.konohapan.jp (クリックしても飛びません。すみません、何だか調子悪いようです)

モチっとフワッとは天然酵母パンの魅力だと思いますが、お代わりできるパンでこの味はステキだと思います。

ビーフシチューも野菜が新鮮で色も鮮やか、お肉も柔らかでおいしかった!
a0011999_17352945.jpg

この薪釜でパンを焼いています。

オーストリア、アルプスの麓の里山にある農家の古いパン焼き小屋がモデルだそう。
伝統のグレコローマン式蒔き釜を日本で初めて完成したということです。

薪釜の温度調節って難しいんだろうな〜
a0011999_17361464.jpg

焼く前のポニョっとしたパンの生地がきれいです。

小諸にもパン焼き釜を作る予定ですが、この作業を自分達でできるなんて・・・想像するだけで楽し過ぎます!
ワクワクする気持ちを抑えきれずにジリジリと少しずつ近寄って行って写真を撮らせてもらいました。
釜の中も撮りたかったのですが、忙しそうだったので遠慮しました。(しなきゃ良かった)
a0011999_1744234.jpg

部屋の中にはスタイリッシュな薪ストーブが。
a0011999_17451552.jpg

レジの後ろにかかっている、リコの目が釘付けになった絵。

ウサギさんがパンを焼いています。
絵本の中のパンやカステラを「作って!」とせがむ子供達にとって、この絵を眺めながらこの景色の中、このパンを食べられるということは、きっと絵本の中に迷い込んだように感じることでしょう。
子供だけじゃなくて私もそう。
パンもお菓子も本の中の一場面と重なってワクワクすることは、この先いくつになっても忘れたくないし、素材や作る人を思い、雰囲気を味わって脳も胃袋も満たしたいものです。

そうそう、カメラを構えていて感じたことがあります。
表は大勢の人が待っているのにcafeの店内は思ったほど混雑していなくて、ゆったり落ち着けるように調整してくれています。
テイクアウトのみのお客さんの制限もあります。

待っている間はバタバタと食べて出なきゃならないのかと思いましたが、ゆったりなテーブルセットと空間、そしてポッテリとかわいいトナカイの模様の食器で楽しめます。

パン好きな方は是非行ってみて!
リコママはお土産のパンを食べてとても気に入り、この店が気になって仕方ない様子。
私もすぐまた行きたくてウズウズ。

素敵な店です。

薪釜パン工房 木の葉
東京都青梅市黒沢3−1574−1
0428−84−2280(電話予約は無し)
営業時間 11時〜17時
定休日  水曜日、第2第4木曜日

日曜日はとても混みますが、平日は大丈夫ですって。

by quilt4 | 2011-06-13 18:23 | CAFE

煮梅

a0011999_2037556.jpg

去年は少し熟し気味の梅で作ったせいか、いくつか破れてしまいました。
今年は中くらいの大きさでしっかりした青梅を使ってまん丸に仕上がりました。

去年、このシロップと梅で作った梅ゼリーが忘れられないという方、そして食べ損なった方のために、じっくり時間をかけて作りましたよ。

早いもん勝ち〜〜

by quilt4 | 2011-06-11 20:43 | FOOD&HEALTH | Comments(6)

今年最後の

a0011999_2114182.jpg

青梅の大東農場の苺で作ったジャムです。

ここは、圏央道の青梅インターから左折してほどなく左手にハウスが見えてきます。
フレンドシップゴルフ練習場の手前です。
ハウスの前には牧場があって牛さんが放されています。

ゴルフ場へ毎日のように通っていた頃から気になっていた苺のハウスでしたが、覗いてみても
いつも誰もいなくて、販売はしていないものと諦めていました。

ところが最近になって、水曜日と日曜日だけ販売しているとの情報を得て、早速リコと行ってみました。
1パック500円の苺は甘くておいしかった!
それになんといっても穫れたてを食べられるのは素敵です。

摘み取りはできませんが、子供には特別小さなパックに穫らせてもらえます。
リコは苺が大好きなのでうれしくてうれしくて大興奮。
私もジャム用苺をたくさん買い、おそらくこれが最後であろう苺ジャムを煮ました。

近所にこんなに素敵な場所があったなんて!

大東農場は6月いっぱいくらい水曜日と日曜日に販売しているそうです。

苺のジュースで

by quilt4 | 2011-06-09 21:56 | FOOD&HEALTH | Comments(14)

一日の終わりに

a0011999_21344530.jpg

「しっとりフェイスソープ」
これは生活の木のレシピから、パームオイルをレッドパームにし、色づけのターメリックを入れずに作りました。

オリーブ油、ココナッツ油、パーム油、ゼラニウム、ラベンダー、スーパーファットとしてホホバ油。
とこんなレシピです。

1ヶ月熟成、乾燥させて使い始めています。

手作り石けんがあると毎日のお風呂が楽しみです。
ふくふくとしたきめ細かい泡立ち、自然なアロマの香り、泡切れの良さ、ここまでは市販の石けんにもありなんですが、洗い上がりのしっとりさは手作りならではだと思っています。

クレンジングはこの石けんで2度洗い、泡でくるくるマッサージしてもつっぱらないし、なんと言っても洗い上がりがしっとりでうれしいです。

ここで手作り石けんで使ったオイルについて生活の木の本よりポイントを抜粋してみますね。

オリーブ油
オレイン酸の含有量が多く、保湿効果があります。
肌のトラブル対策に役立ち、乾燥対策、しわ予防、炎症の抑制、妊娠線の予防に向いています。

ココナッツ油
石けんに配合すると、きめ細な泡立ちと高い洗浄力をもたらします。
酸化防止や石けんのアルカリ度を下げるために適量配合することもあります。
紫外線の刺激をやわらげます。

パーム油
どんな肌質にも合う、肌にやさしいオイルです。
硬さを保ち、温水を使っても溶け崩れしにくい石けんに仕上がります。
酸化しにくく、未精製のレッドパームはカロテンとビタミンEを豊富に含み、荒れた肌を保護します。

ホホバ油
肌の皮脂に似た成分を持ち、なじみやすくすぐれた保湿作用があります。
皮膚や頭皮の状態を自然に調整するのを助け、様々な肌質に合います。
紫外線を防ぐ働きも。

とこんな感じですが、ついでに精油についても。

ラベンダー
緊張やストレスをやわらげ、安眠を促す。
筋肉痛、頭痛などをやわらげる。
炎症をやわらげる。ニキビ、むしさされ、水虫などに。

ゼラニウム
肌質を選ばず皮脂のバランスを整え、かゆみや炎症をやわらげ、改善する。
ふさぎ込んだ心を明るく盛り上げ、元気にする。
身体の緊張をほぐす。
ホルモンのバランスを整えて、女性特有の症状をやわらげる。
リンパの流れをよくして、むくみを解消する。

ほらね、素敵でしょ!
これを読むだけでも「きれいになれそう」な魔法にかかって、お風呂で使うたびにうっとりです。

忙しかった一日の終わりのバスタイムは心豊かに過ごしたい!
手作り石けんの香りと泡立ちは、今日の自分をリセットし明日をゆっくり見つめる時間を作ってくれます。

研究科の課題

by quilt4 | 2011-06-06 21:46 | AROMATHERAPY&SOAP | Comments(16)