<   2011年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

雛祭り

a0011999_2202199.jpg

今日はみぞれの舞う寒い一日でしたが、もうすぐ雛祭りですね。
今日のランチは一足先に、春を感じるちらし寿司にしました。

レンコン、シイタケ、ニンジン、かんぴょう、穴子、卵焼き、さやえんどう、でんぶ、海苔、がりと定番です。

ただ、栃木のちょっといいかんぴょうが肉厚でとてもおいしかったもので、食感を楽しみたくて大きく切ってみました。
それに合わせて他の具もいつもより分厚く。
a0011999_2205155.jpg

ところで、私はちらし寿司の付け合わせにいつも迷うんですが、あくまでもちらし寿司をメインにして、その味を損なわないもの、つまり白いご飯があったらなぁなんて間違っても思わせないおかずを考えます。

煮豆、大根と新タマネギのサラダ(ごまドレッシング和え)、はんぺんと麩のお吸い物、豚肩ロースと新ジャガのスープ仕立て。

スープ仕立てなどとカッコつけてみましたが、豚肩ロースは前の晩に塩豚にしておき、丸ごと揚げた新ジャガと共に圧力鍋でサッと火を通すので、スープが煮詰まらないのです。

大きく切ったネギを入れて味を整え、黒胡椒を挽いていただきます。
塩蓋の塩気があるので胡椒だけでもいいくらい。
豚肩ロースの旨味が出たスープは最高です。

あっさりと主役を引き立てる味、新ジャガも新タマネギもスーパーで見て思わずカゴに入れてしまったもので、堪能できて満足!

by quilt4 | 2011-02-28 22:35 | FOOD&HEALTH | Comments(10)

みんなの作品

a0011999_231282.jpg

このバッグ、今何人かの生徒さんが作っていますが、実は組み立てがとてもたいへんです。

前後のパッチワークの部分を先に作ってから少しずつ他の部分と繋げていったもので、組み立ての順序を教えることに苦労しました。
って、私がたいへんだったということでもありますが、しっかりした芯を入れているので、ミシンで縫えない重なった所は畳縫い。

とても良く出来ていると思います!
a0011999_2317194.jpg

ベビーキルト。

キルティングを少なめにふんわり仕上げました。
刺繍が入るととてもかわいい。
色合いも甘すぎずにおしゃれだと思います。
a0011999_2325787.jpg

パンノキのタペストリー。

妥協せずに走り回って生地を調達した結果、素晴らしい色合いに仕上がりました。
明るくてシック、むら染めの使い方がいい。
作者の雰囲気とぴったりな作品になったと思います。

QUILT4作

by quilt4 | 2011-02-23 23:56 | PATCHIWORK QUILT | Comments(14)

築地、佃、月島

a0011999_19125998.jpg


息子夫婦の所へ遊びにいった時のこと、佃煮の天安本店の葉唐辛子でお茶漬けすると最高だということで、早速橋を渡って散歩がてら買いに出かけました。

閉店ぎりぎり、老舗のムードたっぷりな橋のたもとの天安さんで、量り売りの佃煮の前で「イナゴ食べられる?」などと大騒ぎの末、あさり、葉唐辛子、昆布、きゃらぶきを選んでみました。

どんなに真っ黒けに煮てあろうとも、その姿がくっきりなイナゴさんは虫嫌いな自分には絶対無理。
それがたとえ美しくなれる秘薬だとしても。
a0011999_195828.jpg

そのあと行った月島のもんじゃ通り。
なにやら怪しげな写真ではありますが、この通りほとんど全部と言っていいほどもんじゃ屋さんが並んでいます。
その中程にある1件に寄り、軽くもんじゃを食べてきました。
紅ショウガのシンプルなものと、明太子とチーズ。

懐かしい場所で懐かしいもんじゃ、と思いましたが、今時のもんじゃはゴージャスですよね〜
メニューを眺めて、懐かしいものもありますが、これがもんじゃかいな、と思うものまで。
まぁ、こんなに軒並みもんじゃ屋さんではいろいろ工夫しないと勝ち残れないでしょうけど、地元の人達が多いというもんじゃ屋さんもあって、そこのメニューが気になりました。

気になると言えば、自転車がやっというほどの路地裏に食事もコーヒーも美味しいカフェがあるんだとか!

これは実にきになる。

雨も降ってきてそそくさと家路に着きながらも、後ろ髪引かれる思いでいっぱいな月島でした。

いただきました。。

by quilt4 | 2011-02-22 20:03 | FOOD&HEALTH | Comments(14)

みかん狩り

a0011999_1736516.jpg

a0011999_1842013.jpg

日曜日、横浜にみかん狩りにでかけました。

といっても妹宅。

年を重ねるごとに美味しくなるこの夏みかん、今年はそのまま食べても酸味がまろやかでした。
粒も揃っていて皮もきれい。
ほんとに重宝しています。
a0011999_17413017.jpg

はしごに昇って夢中でもいでます。

そして作りました

by quilt4 | 2011-02-15 18:14 | CAKE | Comments(6)

抽選結果です

a0011999_1045124.jpg

お待たせしました!

リコちゃん、混ぜまぜしています。





さて、さて、当たった3名様はどなただったでしょう〜〜〜

もったいぶります

by quilt4 | 2011-02-13 10:10 | OTHERS | Comments(32)

ほんの少しですが・・・

a0011999_2324479.jpg

富沢商店でフリーズドライ苺を見つけたのでホワイトチョコでコーティングしてみました。
a0011999_2327421.jpg

おいしいよ!

一袋(13ヶ入りくらいだったかな)しか買わなかったので少しずつなんですが、チェリーボンボンのおまけにしようと思っています。
苺の大きさもまちまちですが勘弁してください。

これ、食べだすと止まらないほど好物です。
ホワイトチョコレートは好き過ぎて歯止めが効かなくなるので買わないようにしています。
カカオバリーのエクセランスは、だいたいチョコレート菓子の土台にしているので、いつも塊であるんですが、これを削ってまで口にしようとは思わないのです。(リコ親子はこの塊を食べてもいい?と目を輝かせているチョコ好きです)

今回、フリーズドライ苺を見た時からこれを作りたくてうずうずしていました。
試作品で申し訳ないのですが、味見してみてください。
来年からチェリーボンボンとプレゼントの常連になるかもしれません。

ところで、これってどんなネーミングでしたっけ?

一足お先に

by quilt4 | 2011-02-13 00:12 | CAKE | Comments(6)

チェリーボンボン

a0011999_192528.jpg

今日のチェリーちゃんの様子です。(夕方なので少し暗い写真になってしまいました)

上の方を切ってチェリーを取り出してみました。

チョコレートの器の中は、チェリー味のブランデーの池になっています。
底にはまだフォンダンが少し残っていますが、あと1週間で溶けるでしょう。

味はいいです!

というわけで、
このチェリーボンボンを半年以上も前にブランデーに漬け込んだ時点から楽しみに見守ってくださっている方々、お待たせしました〜。

「バレンタインプレゼント企画」として、今年もこのチェリーボンボンを3名様にさしあげます。

ご応募の方法はいつもの通り、「食べたい!」という内容のコメントをくださればエントリーいたします。
締め切りは12日の土曜日いっぱい。
今回も申し訳ないのですが、コメント初めての方はごめんなさい。。。
ただし、一度当たったことがあっても応募はOK!

どうぞ皆さん、どしどし応募してください!
お待ちしていますよ〜〜〜

by quilt4 | 2011-02-07 19:02 | CAKE | Comments(38)

ロールケーキ用?

a0011999_17123583.jpg

久しぶりの箱。

高校時代からの友人の誕生日のお菓子を入れようと思って作った。
チェリーボンボンにクッキーに、と思い描きながら作ったら、高さが2cm大きくなってしまった。
そこで、考えた。

お菓子はロールケーキに変更!
a0011999_172377.jpg

スフレロールにカスタードクリームと生クリームを巻いて、なんとぴったり!

ご主人との素敵なティータイムにコースターも共布で。

最近は年に2回、「ありがとう」の声を聞くだけになってしまったけど、その時の私達は高校のバレー部に戻っている。
40年も経っているのに。。。
人って基本的な性格は何年経っても変わらないものなのね。

ただ昔と違うのは、「身体が資本だから、無理しないで」と、ここ何年かで頻繁にこの言葉が友人の口から出るようになったこと。
祝ってるつもりがお礼の電話で気遣われてしまう。

考えてみると昔から私と彼女の間はいつもこうだったっけ。
強がりの私も彼女の前ではつい本音を漏らしていたような気がする。


「ありがとう」の電話、ありがとう!

ホッとするひとときでした。

by quilt4 | 2011-02-06 17:52 | CARTONNAGE | Comments(8)

ポーチいろいろ

a0011999_1812565.jpg

ラミネート加工の生地を使ってみたいと思ってもなかなか気に入るものがなかったのですが。

これはネットで恐る恐る買ってみたのですが、テラテラしてなくて色も好みでした。
おまけにテフロンの押えに換えなくても普通に縫えました。
a0011999_18184727.jpg

いつもミシンで作り出すと止まらない私です。
裏の生地選びにも生地を全部ひっくり返して悩みます。
ケチなものは使いません。
って、高価な生地だというわけじゃ〜ない。
ファスナーを開けた時、「フッ」と頬が緩むような、そんな表地との絶妙なコンビネーションを狙いたい!
ま、あくまでも自己満足の世界で、自分が好きならそれでいい。
だってコツコツ手作り、世界にひとつ!ですもの。
a0011999_1825861.jpg

a0011999_18234635.jpg

これはIKEAのインテリアファブリックで作りました。
この内側は表のオレンジより渋いオレンジで細かい柄。
生地だけで見ると地味で見過ごしそうだけど、明るいものに合わせるとなかなか主張してくるなぁ。
あ、でも写真では中が真っ暗ですね。

これ、軽くてふんわりな生地なので、バッグINバッグに最適だと思います。

生徒さんから要望があった作品見本を一つ作ると、あとからあとから作りたいものが出てきて、小ちゃいポーチはいくつ作ったことか。
たくさん作っていうちにやっと気に入った形が見つかるって感じです。

by quilt4 | 2011-02-03 18:49 | PATCHIWORK QUILT | Comments(10)