<   2010年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

APPLE PIE 

a0011999_1911986.jpg

小ちゃい小ちゃいアップルパイ。

私のアップルパイが直径5、5cmのカードホルダーになりました。
樹脂粘土で作るんだそうです。

生地の層、焼き色、そのまんま。
少し見える林檎のジューシーなこと、全く良く観察してます。
a0011999_19163376.jpg

一切れ、ストラップになりました。

市松模様のクッキーとアイスクリーム付き!
これは「リコちゃんに」ということでしたが、これを見たらミニチュア好きのリコママが黙っていないと思います。

あ〜いいなぁ樹脂粘土、やってみたいな〜。
前からずっとドールハウスを作りたくて仕方なかったのです。
テーブルには焼きたてのアップルパイ、ベッドにはキルトのベッドカバーを作ります。

一日30時間あったらいいのにナ。。。。

2番がいいんです

by quilt4 | 2010-11-25 19:36 | FOOD&HEALTH | Comments(10)

穫れたてフルーツサラダ

a0011999_18141384.jpg

一見、食べると身体が冷えそうなサラダではありますが。。。

それぞれを口に含むたびに、「これは小諸の」、「これは○○さんちの畑の」、「これはうちの庭の」というように、昨日まで太陽を浴びていたフルーツや野菜の出身地を思い浮かべて、それだけで心が温かくなっちゃう一皿なんです。

カブ   生徒さんの家庭菜園産
柿    我が家の庭産
林檎  小諸は御牧ヶ原産のフジ
胡桃  東御産
と、ここまでの具はサラダにする前に少し取り分け、翌朝レーズンを合わせてヨーグルトサラダに。

そしてサラダは、カブを塩でしんなりさせたて、レタスとセロリを合わせ(これは近所の八百屋さん)白ワインビネガーとオリーブオイルを振り、サーモンパテ(友人の手作り)、ゆで卵、クラッカー、下しチーズ、をトッピング。

作り手の苦労が伝わる素材で作った一皿、ゆっくりゆっくり味わいます。

たくさんのビタミン類を良質のタンパク質と共に摂る ・・・・・・これは風邪予防に一番です!

鳥さんのために2つ

by quilt4 | 2010-11-22 18:44 | FOOD&HEALTH | Comments(4)

りんごケーキ

a0011999_1865419.jpg

アップルパイのフィリング、紅玉の甘煮をたっぷり入れたケーキ。

これはアップルパイ作り期間の半ばで、気分転換にいつも作るお菓子です。
グラニュー糖とブラウンシュガーを甘煮の甘さの分少し控えめにし、パウンドケーキより粉は多め、牛乳はマフィンより少なめという感じで、かなりラフに作るケーキ。
シナモンたっぷり、断面はまるで羊羹みたいにぎっしりとりんごが詰まっています。

先日買ってきた東御市特産の胡桃とラズベリーを混ぜて45分位焼き、冷めてからサワークリームと生クリームを合わせてトッピング。

コーヒーはこれまた小諸の丸山珈琲のクリスマスブレンド。(これとても美味しいです)
かわいいボダムのクリスマス限定カップで早めのクリスマス気分です。

赤坂でクリスマスイルミネーションを見てからすっかり心はシャン、シャン、シャン♪
そりの音が鳴り響いています。

by quilt4 | 2010-11-16 18:30 | CAKE | Comments(12)

赤坂へ

a0011999_22555718.jpg

a0011999_9414478.jpg

サンキャトルヴァンに行ってみました。

赤坂の駅のそばで韓国料理を軽く食べてそれからトコトコ歩いて紀尾井町へ。
今日は日曜日で、この辺りは道路も空いているし、店も休みの所が目立ちました。

45°の文字ですぐにお店はわかりました。
それにカフェカンパニーらしいお店の作りや雰囲気、45°は手習いの角度というワークテーブルの置き方にもうん、うん、と頷けます。

教室の風景を見ることが出来なくて残念だったのですが、さんざん迷った挙げ句選んだタルトは、クランブルの林檎のタルトとお芋のタルト、暖かかったので外でいただくことにしました。
かわいいカップに入ったコーヒーと共にそれぞれを味見です。

以前、講習を受けてお婆ちゃまのタルトとお芋のタルト、フロールをいただいてから2度目の津田先生の
タルトの味です。
コーヒーはこのタルトに合わせてブレンドされたものだということ、甘めのタルトを引き立てていました。

a0011999_930153.jpg

プリンスホテルのクリスマスイルミネーションはとてもかわいい!

地下鉄は訳がわからなくなって苦手なので、静かな都会の夕暮れを久しぶりの友人とのお喋りを楽しみながら四谷まで歩き、帰路につきました。

by quilt4 | 2010-11-15 09:47 | CAFE | Comments(8)

うだつがあがらぬ

暖かな小春日和に恵まれ、紅葉を眺めながら買い物ツアーに加えて、今回は海野宿(うんのじゅく)まで足を伸ばしてみました。

小諸I.Cの1つ先、東部湯ノ丸I.Cで降りて南へ下り、国道18号にを横切った辺りが海野宿。

この日は新そばをいただいた後、丸山珈琲でカプチーノをすすりながら偶然手にした雑誌で海野宿を見つけ、即「行ってみよう!」ということになりました。
しなの鉄道小諸駅からは滋野、田中と2駅です。
a0011999_1982466.jpg

防火壁であるうだつのある建物を見ることができました。
「うだつがあがらぬ」という言葉が生まれたくらい富裕層しか作れなかったといわれるうだつは、その種類からそれぞれの歴史をうかがうことができます。
a0011999_19231460.jpg

水路がずっと続いていて水の音がのどかです。
a0011999_19235839.jpg

「日本の道百選」のひとつに選ばれている美しい町並みは、まるで映画のセットのよう。
趣きのある店に寄りながら舗装されていない歩道を散策しました。

ただ、車道を走る車のスピードが凄くて、あまりのんびり気分で横切ろうとすると危険!
美しい町並みと車のクラクションには違和感を感じ、少し残念です。
a0011999_19262395.jpg

白鳥神社の樹齢700年のケヤキ。
上のほうはカメラにおさまりません。
大きな根っこはコンクリートと間違うほどの固さで、実際コンクリートの道路を持ち上げている場所もありました。
木の生命力ってすごいなぁ。
700年前からずっと、ここで起きた出来事を見てきたんですね。

東御市の特産である胡桃と胡桃おはぎを買い、歴史の町をあとにしたのは夕方4時過ぎ。
去年、偶然見ることができた、夕日でオレンジに染まる浅間山が見たくて、しばらく眺めていましたが、
つるやで買い物をして外に出る頃には、もう既に日も落ち紺色の浅間山に変わっていました。

今回は温泉に入る時間がなかったもので、次回は夕日の浅間山の写真を撮ることと、別所温泉を目的に出かけたいと思います。

by quilt4 | 2010-11-13 19:57 | TRIP&FLOWER | Comments(2)

江戸っ子です。

a0011999_16413467.jpg
a0011999_16411380.jpg

息子夫婦が神奈川県から中央区に引っ越しました。

引っ越しの最中、猫2匹は戸惑って、それぞれに個性あふれる行動に。
長男気質の1匹はシューズボックスの下に潜って一度も出て来ない。
やんちゃな次男は閉じ込められた風呂場のドアが開いた途端、何もなくなった家をくまなくチェック。
人間もそうですが、猫もこんな時には性格が出て面白いものです。

引っ越し先のマンションはまだ建設中なので、完成までの仮住まいです。

中央区に住むって?!
またどうして?!

話しをされた時はそう思いましたが・・・・

亡き父にとてもかわいがられ、東京中連れていってもらい、息子は江戸っ子気質をしっかり受け継いだのかもしれません。
私達が知らない美味しい浅草の鰻を彼は知っていたりします。。。

それに、私の祖母も隅田川のほとりに終生住み続け、浅草や銀座が大好きで、いつもキリッと着物を着こなす気の強い江戸っ子婆さんでした。
この人は聖路加病院で亡くなったのですが、(息子の家のそばです)私も又観音様や三越に連れて行ってもらたり、学校の休みには必ず泊まりに行ってたいそうかわいがられました。

そんなこんなで息子もやっぱり東京が好きなんでしょうか。
彼がここを選んだ気持ちを、お酒でも飲みながら、そのうちゆっくり聞いてみようかと思っています。
a0011999_16443685.jpg

夕方は隅田川のほとりの上海ダイニングで食事しました。
少し肌寒い夕方でしたが、夕日を楽しみたかったのでテラスで。

スカイツリーが見えます。
a0011999_17491434.jpg

ここはとても美味しくて景観もいい。
これからは山の暮らしと共に大都会の暮らしも味わえるかな。
月島、八丁堀、銀座、日本橋、おいしいお店をたくさん廻ってみたいです。

by QUILT4 | 2010-11-08 17:40 | OTHERS | Comments(12)

再び

a0011999_21401121.jpg
a0011999_21394241.jpg

仕事帰りにどうしてももう一度見ておきたくて山を駆け上がっていきました。

昨日はいつものNikonの電源が入ったままになっていて、充電が切れてしまっていたため(よくやります)
iphoneでの撮影になり、少々不満が。
叔母が写真を送って欲しいということもあったもので、今日はしっかり撮リ直してきました。

日没寸前だったのですが、廻りを見渡すと高台の方は陰っていません。

「まだ間に合う!」

山を登り切ってみると、夕日が木々をさらに染めてむしろ美しい。
a0011999_2215035.jpg

涙が出るほどきれい!

昨日の写真と差し替えるつもりだったのですが、iphoneの青空と白い雲も捨て難く、再びアップとなりました。

by QUILT4 | 2010-11-04 21:58 | TRIP&FLOWER | Comments(12)

忘れられない色

a0011999_21433063.jpg

気持ちの良い晴天に恵まれた文化の日、母達とモミジバフウの紅葉を見に行きました。

場所は飯能、生活の木の前の街路樹です。

実は昨日、石けん講習に出かけてこの紅葉を目の当たりにし、今日の母達の教室の前に是非見せてあげようと計画しました。
何年か前、母と買い物に来た時がたまたま紅葉の見頃でした。
その色が頭から離れず、それから毎年様子を見に来ていたのですが、今日ほど美しい色に出会ったことはありません。

赤のグラデーション、黄色のグラデーション、緑のグラデーション、オレンジからピンクのグラデーションと、
大きなモミジバフウがずっと続いている景色は素晴らしいものです。

道路を行ったり来たりしながら存分にその美しい色を楽しみ、生活の木のハーブレストランで食事してきました。
温かい日差しの中、ハーブガーデンを散歩する人達は歩き方も表情もゆったりのんびり。
お陽様の力ってすごいな、と思いました。

優れた保湿力!

by quilt4 | 2010-11-03 22:17 | AROMATHERAPY&SOAP | Comments(8)