<   2007年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

タイ料理

オーブンミトンでのゲスト講師による特別講習、「タイ料理」に参加しました。

講師は鈴木 都先生。
タイ、バンコクに5年間在住なさってタイ王室専属の料理家Wandee氏に師事。
宮廷料理、家庭料理、お菓子など幅広いジャンルのタイ料理を習得なさっている方です。
今日は料理研究家の妹さんをアシスタントに、軽やか、ヘルシーなタイ料理を教えてくださいました。
a0011999_2314557.jpg

まずは出来上がりの写真から。
料理の内容は、
ガイ カパオ(豚肉と生バジルの葉をソースで炒め煮したもの)
ヤムウンセン(春雨のサラダ)
トムヤムクン(トムはグツグツ煮るという意味、ヤムは和える、クンは海老)
タイ風春巻き
カノム バービン(お菓子)

私が一番気に入ったのは、ヤムウンセン。
湯通しした春雨、むきえびも豚ひき肉も湯通しして、タマネギ、セロリ、万能葱、パクチーとタレで和えて戻して揚げた干しエビをトッピング。
タレは、ナンプラー、ライムの絞り汁、砂糖、プリック(生唐辛子)を合わせて作ります。

これは美味しいです!
凄く気に入って、夕飯に作りました。

それからトムヤムクンですが、実は以前一度食べてあまり好みではなかったもので敬遠していたのですが、生の唐辛子やレモングラスの茎、その他新鮮なハーブを使ったものはやはり違いますね。
今日からファンになります。

タイは平均気温が32〜3度、日本の夏のような蒸し暑さが毎日だそうです。
そんな国の家庭料理は、自然とさっぱりと喉越しの良いものになってくるのでしょう。
一日に5回くらい食事を摂るというタイの人々は、そのうちの何回かを屋台などで済ませることも多いとか。少しずつ回数を食べることは、暑さで弱った胃の負担を軽くするという、理にかなった方法でもあるのですね。
でも、この低カロリー、ハーブの香りいっぱいの料理なら一日何回でも食べたいです。
a0011999_121686.jpg
素敵な先生です。

(やっぱりタイ料理食べてるからスリムなんだ!)

胡椒やにんにくは石臼で潰すと香りが引き立つのだそうです。(白胡椒のみ使用)

欲しい・・・


a0011999_15417.jpg
今回使用した調味料やハーブ等。

これだけ揃えたらとりあえずタイ料理に入れそうです。


a0011999_1115078.jpg
タイのお菓子。

もち粉か白玉粉にタピオカパウダーやココナツロング、ココナツミルク等を混ぜ込んで焼く簡単なお菓子ですが、モチモチとした食感とココナツの風味は、辛さでヒリヒリした口には嬉しい味でした。


a0011999_116460.jpg
こちらは小嶋先生作のレモングラスのブラマンジェ。

クルクルとした飾りはレモングラスの茎です。
料理にもですが、葉よりも根に近い茎を刻んで使います。
香りが格段に違うんですね。


a0011999_1194875.jpg
食事のあとはオカリナとギターのコンサートがありました。

オカリナ、茨木 智博さん。
ギター、大柴 拓さんのお二人に素晴らしい演奏を聴かせていただいたのですが、最後に何と小嶋先生がオカリナを吹くというサプライズが!

習い始めて4ヶ月ということでしたが、見事な演奏でした。
オカリナは難しいそうです。
お忙しいのにいつ練習しているんでしょうね。頭が下がります。

又今日も楽しい講習でした。

タイ料理、ちょっと凝ってみるかな。

☆2月4日に東急東横線、大倉山記念館ホールにてオカリナとギターのコンサートがあるそうです。
http://www.geocities.jp/baibaiba_tp/
興味のある方ホームページを覗いてみてください。

by quilt4 | 2007-01-31 01:52 | FOOD&HEALTH | Comments(12)

Cherry bonbon Ⅱ

a0011999_1341115.jpg

11目のチェリーちゃんです。

枝が取れてしまった自家用のもの、早い話が失敗作を割ってみました。
今年は暖冬だからでしょうか、熟成が早いようです。

一年ぶりのボンボンを一つ、コーヒーをいれてじっくり味わいました。

チョコレートとブランデー!

やっぱり素敵!

さて、次回は来週の日曜日にでも割ってみましょうか・・・

皆さん、チェリーちゃん達のご機嫌は如何?!

by quilt4 | 2007-01-28 13:53 | CAKE | Comments(18)

sanaのパン

a0011999_2225077.jpg

おいしいパン屋さん見つけました!

いつもお世話になっているmapletree1127さんのご親戚が経営していらっしゃる、天然酵母のパン屋さんです。
以前から行ってみたくて仕方なかったんですが、道を間違えながらやっと実現しました。

mapletreeさんの記事にあるように、お店は下連雀(連雀通り沿い)にあります。
どれを見ても全部食べてみたくなるような好みのパンが並んでいて、とっても目移りした結果何種類か買ってみました。

この他に2種類のベーグルと五穀あんパン、チーズバンズはあっという間にお腹に入ってしまってここには写っていません。
食パンは全粒粉のものと迷いましたが、とりあえずプレーンを食べてみることに・・・
これはお金を払ったあとに棚の上に焼きたてが並べてあるのに気づき、そのあまりに美味しそうな焼き色に思わず追加したものです。

ストーブの上でこんがり焼くと、香り、食感、小麦の味がより素晴らしい!
カリカリの表面はパリパリ音をたて、生地はモチモチと噛めば噛むほど味が出てきます。
バターもジャムも何もつけずにいくらでも食べられます。

カフェもあってランチメニューにはそそられましたが、時間の都合で諦めて帰ってきました。
これらのパンで作ったランチ、さぞかし美味しいでしょう!
mapletreeさんの話だとスープがオススメらしいです。

心惹かれます。
パンの味は勿論ですが、どこか懐かしさを感じるシックなインテリアのカフェでゆっくりしたい!
次回のオーブンミトンの帰りに又寄ってみようっと。

それにしても、も少し近かったらな・・・コーヒーもきっと美味しいんだろうな・・・

by quilt4 | 2007-01-27 22:42 | Comments(6)

オーブンミトン

a0011999_21362820.jpg

今日の講習は「フォンダンピーカンナッツケーキ」と「生チョコ」でした。

フォンダンピーカンナッツケーキというのは、粉が全く入らない濃厚なガトーショコラ!
180度で18分くらいしか焼かない、焼き菓子というより生チョコに近い、かな。
とろ〜りとした食感の中に、カリッとピーカンナッツの歯ごたえが口の中で何とも素敵な組み合わせのケーキです。

作り方は全卵とグラニュー糖を湯煎で40度にしてからジェノワーズのように充分泡立て、溶かしたチョコレートと混ぜ合わせるんですが、ポイントは艶が出て生地がしまってくるまで混ぜることと、焼き時間。焼き過ぎは禁物です。
a0011999_23161236.jpg

ほら!こんなふうにトロ〜ンとね。

ところが、今日の私の生地は何故か艶が出なくて結局100回以上混ぜていました。
他の方と比べると艶が足りない・・・先日のチェリーボンボンの失敗が頭をよぎり、少しへこみましたよ。
焼き上がりの見た目は何とかなっていましたのでホッと胸をなでおろしましたが、翌日以降が美味しいということなので、結果はまだ出ません。

途中、先生に「ジェノワーズの混ぜ方」についての指摘があり、根本的に復習し直さなくてはならない事項が見つかりました。
それから、ハンドミキサーの使い方も早すぎてかさが出なくなっていたことが判明。
自分では毎日のようにケーキを焼いている慣れから基本を外れ、自己流の癖が出てきてしまったのだと思われます。
今一度初心に戻ります!

基本、基本が大事!

ああ、これってもしかして自分のゴルフと同じじゃないか?!
調子にノッてくるとその先必ず蹴つまずく。
もがけばもがくほど、そして練習量が多い時ほどスランプの長いトンネルに入り込んでいく。
そんな時思うことは、鼻歌混じりに好いスコアなんて出る訳ないんだ、初めに戻ってやり直そう!
どこかにおごりのある自分を戒めます。

3歩進んだと思ったら2歩下がる・・・試練です。

話が脱線しましたが、生地の「混ぜ方」は小嶋先生のお菓子作りの基本中の基本であること、頭ではわかっているのに違っていたんです。
最近ジェノワーズの泡立てに時間がかかると思っていた原因がわかったことは収穫でした。スッキリしました。
ゴルフもこんな風に軌道修正してくれる先生がほしいものだなぁ。

さて、バレンタインデーも間近ですね。
手作りの「オリジナル生チョコ」は、ショコラティエの生チョコにも負けない味。

ミルクタイプのクーベルチュールはペックとカカオバリー、カカオ分60%〜65%はスーパーゲアキルを使用して極上の口溶けの深い味を作り出しています。

試食タイムは碾き立ての濃いコーヒーと共にいただきましたが、チョコレートとコーヒーってなんて相性がいいんでしょうね!
ケーキを少しずつ口に運んではコーヒーをすする・・・お味は言うまでもなく、VERY GOOD!

ほんとに幸せなひとときです。

by quilt4 | 2007-01-23 23:18 | CAKE | Comments(24)

ハーフバースデイ

a0011999_17545580.jpg
a0011999_1755941.jpg


璃子は17日で、無事ハーフバースデイを迎えました。

毎日のように会っていてもその成長ぶりは目に見えるほどで、下の歯茎が少し透き通ってきたと思ったら何日かで白くなってきました。

寝返りしたと思ったら、お座りも上手になってきて歯が生える、1才までの子供の成長をあらためて味わうことが出来る幸せを噛みしめています。

離乳食はゆっくり始めたのですが、最近は野菜も混ぜているようで、好きなものは乗り出してお口をア〜ンと開けるそうです。

この先、ハイハイ、伝い歩きを経て夏前には自分で歩き出すんですね。
子供って凄いなぁ。
歩き出す初めの一歩の時は、子供ながらに勇気を振り絞っている顔していますよね。
不安げでもあり、とにかくかわいい。
娘の時の「一歩」ははっきり記憶しています。

璃子の「初めの一歩」の瞬間にも立ち会えたらいいな、と今から楽しみな婆ちゃんです。

by quilt4 | 2007-01-20 18:12 | BABY | Comments(22)

チェリーボンボン

a0011999_2261739.jpg
チェリーボンボンです・・・が、結果から言うと今年は半分くらいブルームが出てしまいました。

原因?
おそらく
さくらんぼの量が多かったのでトランペしながらあまり混ぜなかったこと

マトファーのテンパリング用鍋の使い方に戸惑ったこと

室温を20度に設定したのに低い温度の部屋に移動してしまったこと
この辺だと思います。


a0011999_22143113.jpg

作り方は去年と同じです。

チョコレートはカカオバリーのエクセランスを1kg、フォンダンもそのくらい使いました。

でもこれはあくまでも量が多い場合で、30ヶくらいの分量が去年のレシピにありますので、参考にしてみてください。
a0011999_22265253.jpg

ブルーム現象が出てしまったとはいえ、半年寝かせたサクランボをブランデーから出してチョコレートの洋服を着せていく作業は1年に一度の楽しみ、ワクワクしながら並べていきます。

今回使い慣れなかったマトファーのテンパリング鍋のことですが、そこのギザギザがどんな大きさの鍋にもセットできるようになっていて、テフロン加工とすぼまった形がチョコレートを廻りに付き難くしてくれます。
それと、何と言っても保温性に優れていて、室温に気を配ればちゃんと30度〜32度を長く保ってくれます。
思い切って買ってよかった鍋でした。

なのに何故失敗したかって?
ですよね。
保温性が良すぎて今までのように注意深く一回トランペするごとに混ぜなかったり、すぼまった底なのにポンと置いてチョコレートを流してしまったりしました。不注意でした。反省です。

でも100ヶも作ったボンボンの半分は綺麗に出来てますからね、ご安心ください。
2月に入ったらすぐにプレゼント企画します。
お楽しみに!

さて、みなさんのかわいいサクランボちゃん達もそろそろ目覚めてドレスアップですね。
室温を20度に、湿気を立てずに、使用するボールや鍋の水気をよく取り、(サクランボもよく拭いてから)テンパリングを注意深く行って、さぁ、始めましょう!

疑問点はどんなことでもコメントください。
出来る限り力になります。

by quilt4 | 2007-01-19 00:09 | CAKE | Comments(10)

オーブンミトン

a0011999_23204180.jpg

絞りクラスの第一回目です。

綺麗でしょう!
これはかわいい新田先生が絞ってくれたお手本です。
ほんとにかわいい先生なんです。お人形さんみたいに目がパッチリで(HPで会えます)、だけど教えてくれる時はキリッと真剣な表情になって素敵な方だと思いました。

いいですね、若いうちから自分の目標を持っている人って。目に力がある。羨ましい限りです。
新田先生にはナッペクラスと共にあと5回お世話になるのですが、頑張って家でも練習して、私は素敵な生徒を目指します。
そして、新田先生の将来を応援したいです。

ここで使ったクリームは練習用で何度でも使える便利なもの。
食べられなくはないけど、食べない方がいいそうですよ。
天板の裏に絞って又戻して、シェルが難しかったけど、どうにか感じがつかめたような気がします。
4月の娘、娘婿、bonomama達の誕生日パーティーには素晴らしい絞りのケーキを作ってビックリさせようと思っています。

考えてみたらこのようにキチンとした絞りを今までしようと思ったこともなく、長いお菓子の趣味歴を持ちながら何をしてきたのだろうと反省したり、習い事の楽しさを改めて感じたり、新しいことに挑戦して良かったと思いました。

そうそう、話は変わりますが、今日、チェリーボンボンを作りました。
サクランボを漬けている方がいらしたらそろそろ作った方がいいと思います。
バレンタインデーにはちょうど熟成して美味しくなるはずですから。

今夜はもう遅いので、明日チェリーボンボンの記事をアップすることにしますね。

by quilt4 | 2007-01-18 00:05 | CAKE | Comments(14)

さつまあげ

a0011999_2253124.jpg

さつま揚げを作ってみました。

焼きたてのクッキーみたい?
それとも唐揚げ?
いいの!形はともかく。

白身魚のすり身、山芋のすりおろし、生姜のすりおろし、酒、砂糖と塩少々、片栗粉、にんじん、ゴボウ、ぎんなんが材料です。
野菜以外はフードプロセッサーで合わせ、揚げ油には半分胡麻油を混ぜました。

山芋が多かったせいか、ちょっとフリッターっぽくて粘りが足りない感じですが、これはこれでと〜っても旨いですよ!
塩気もちょうどよかったみたい。

今回、もらった銀杏をとにかく使いたかったので、市販のすり身で間に合わせましたが、次回は何種類かの白身魚ですり身を作ってみます。

以前、フードプロセッサーの料理本を見ながら作って不評だったため遠ざかっていた「さつま揚げ」ですが、今回みごとリベンジを果たしました。

by quilt4 | 2007-01-16 23:18 | FOOD&HEALTH | Comments(8)

みんなの作品

a0011999_21381879.jpg

a0011999_21391961.jpg

キャシーさんのバッグとジグザグバッグをお正月の間に作ってきてくれたのは、まだ始めて間もない生徒さん。

ハマりましたね!(写真はご本人です)
a0011999_21493149.jpg

この方もポーチを作ってすぐサンプラーの壁掛けに入り、フープを使ってのキルティングもトラプントもこなして見事完成しました。

皆さん素敵です。
作品も目の輝きもね!

More本日のおやつは・・

by quilt4 | 2007-01-13 22:02 | PATCHIWORK QUILT | Comments(14)

小春日和

a0011999_22255063.jpg
暖かい日は積極的にお散歩することにしています。

私と娘のダイエット、璃子の外気浴。CAPだって外でたくさん遊ぶとミニーを追いかけません。

「ねぇ、花菜ちゃん、いい天気だね」
「そうだね.いっぱいお散歩しようね」


a0011999_22213424.jpg
途中、プーさんに出会いました。
枯れ芝と同じ色でフワフワのオシャレな子。

でもこの子、とても怖がりで、CAPを見てこんな格好。


a0011999_22292980.jpg
そのうちCAPも元気なワンコに寄ってこられて抱っこ、抱っこ!

プーは臆病だね。

璃子はベビーカーの中でぐっすり眠り、CAPは大はしゃぎの一日でした。

春が待ち遠しいね!

by quilt4 | 2007-01-10 22:34 | CAT&DOG | Comments(14)