<   2005年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧

大賞

東京ドームでのキルトフェスティバル、今年も見てきました。
a0011999_2154473.jpg

これは大賞の作品。
知り合いのキルターさんです!(coromamaさんの同級生)

彼女、なんと癌を克服しての大作なんです。病気にも負けず、元気に明るく振る舞っている姿を見ていたものですから、大勢の人に囲まれているのを見た時は実に感慨深いものがありました。
私も勇気とやる気を頂き、健康な身体で仕事が出来る事の幸せを感じずにはいられません。

ほんとに、ほんとにおめでとうございます!
今後のご活躍を心からお祈りしております。


バレンタインプレゼント企画残り2時間で閉め切らせて頂きま〜す!

by quilt4 | 2005-01-31 22:01 | PATCHIWORK QUILT | Comments(10)

マクロビオテック サプライズ

a0011999_23492456.jpg
さて、イタリアンマクロの紹介です。
昨晩張り切ってアップしようと思ったら、資料、及び購入した本「たベてやせるマクロビオテック」等、一式プリンスホテルに忘れてきてしまったことに気づき、本日東京ドームの「パッチワーク展」に行ったついでに取りに行ってきました。

「プレスサラダ ノンオイルドレッシング」
豆腐とレモン汁、梅酢、すりおろしタマネギ、人参すりおろしを使ったドレッシングです。
生野菜は身体を冷やすから少しなのかな・・


a0011999_022720.jpg
「豆と野菜のミネストローネ」
レンズ豆を使っています。
ゴボウ、レンコン、赤ピーマン、セロリ、そして葱が入ってます。
しかも昆布と干し椎茸の出し汁!
これはこの日一番気に入りました。私もよく和風だしで肉を煮たりしますが、ミネストローネもいけます。


a0011999_092467.jpg
「ひじきと舞茸のスパゲティーオイルレス」
全粒粉有機スパゲティーを使用しています。
ソースの材料は黒酢、すりおろしりんご、レモン汁、古式醸造醤油、おろしにんにく、グレープシードオイル、梅酢、自然海塩、白胡椒、焼き塩。
味、想像出来ますか?!
色は綺麗じゃないですがこのパスタはなかなか歯ごたえがあって美味しいです。

a0011999_1145346.jpg

[玄米ごはんのミニピザ」
これは不思議な味でした。
生地もご飯だし、チーズの代わりはもちあわ、豆乳、塩ですもの。
もちあわの食感がとても良く、好みなのですが、ピザと言うにはチト苦しいかと。


a0011999_0231140.jpg
「タヒニカスタード」
リンゴ、レーズン、リンゴジュース、水、練り胡麻、塩、寒天をミキサーでピュレにしたデザート。肉や魚のソースに良さそう。(叱られます)
薄いりんごの飾りはプリンスのシェフ独自のものだそうで、180gの砂糖を使用したと聞いて、小林先生、「エ〜〜〜!」と驚かれていましたが、この光景には苦笑い。というか、事前に打ち合わせなかったんですか?


a0011999_0343299.jpg
「穀物コーヒー」
穀物のみで作られたカフェインレス飲料。チコリ、イチジクも入っています。
これは帰りに買ってきました。
夕方5時以降、コーヒーが飲めないのでカフェインの入っていない飲み物は嬉しいです。

以上、ローラ先生とホテルのシェフとのライブクッキング。
トークを聞きながらグリルキッチンで出来上がっていく料理をグルリと囲んだカウンターで次々と味わう、という変わった企画でした。

穀物と野菜だけでこれだけ素敵な料理を創作するのは素晴らしいと思いますが、肉、魚、卵、牛乳、等はお楽しみ程度に月1度くらいなら、という話には、「あぁ、私には到底無理!世の中こんなに美味しいものだらけなのに!」
・・・と、これがこの日の私の感想。

ヒトがヒトである為の食べ物はイネ科の穀物、とローラ先生は提唱されていますが、子供のアトピーから自然食を始めた私もずっと雑穀米を食べ続けています。
自分自身花粉症にもならないし丈夫なのはそのせいかと思いますが、大好きな肉や牛乳はやめられないので(砂糖、バター・・・)バランス良く、「過ぎたるは及ばざるがごとし」でこの世界中が注目する食事革命を参考にしてみるつもりです。
私の場合まずは月に1度、「体重リセット」の目的でこの食事法を取り入れてみようかな・・

2月25日はフレンチ、3月25日はエスニック、4月22日はハワイアン。
グリルキッチンにて開催されます。
興味のある方、一度試されたら如何?

by quilt4 | 2005-01-31 01:17 | FOOD&HEALTH | Comments(11)

風邪完治

a0011999_0452656.jpga0011999_046263.jpg

皆様ご心配おかけしました。風邪はすっかりよくなりました。
「何とかは風邪ひかない」・・・ですかね。自分でも感心する程丈夫です。
薬はほとんど飲まない主義なので、いざという時にはよく効くのだと思われ、飲んだと思っただけでも治ってしまう単純な脳みその持ち主でございます。

今日はマクロビのお食事に行って、写真も沢山撮ってきました。
が、都内を車でグルグル駆け回って疲れたのでお料理のアップは明日にします。







代わりに、途中5時頃の東京タワーの写真です。(日が延びました)真下で撮りました。あまりに綺麗で懐かしく、時間があったら昇ってみたいです(昇る?上がる?登る?登るだとまるでゴジラ?)

もう一枚はカフェ246のテラスです。ストーブがかわいかったので、ここでもパチり!
息子はここで仕事しています。お近くのカフェに是非おでかけください。


さて今日はこの辺で。
皆さんも風邪には充分気をつけて、かかったら気合いで治して下さいね.(無茶?)   
                                                                        おやすみなさい。

by quilt4 | 2005-01-29 01:23 | CAFE | Comments(14)

風邪退治

風邪気味です。

肩が張って頭が少し重い。まぶたが鬱陶しい感じでたまにゾクっときます。
刻一刻と悪くなってきています。

でも今風邪ひくわけにはいかないのです。

明日は東京プリンスホテルでのマクロビオテックサプライズ、ローラ小林さんのイタリアンマクロを食べに行くんです!
風邪で食べても味わかんない、なんて絶対に許せません!

私この通りのことを↑ドラッグストアのお兄ちゃんに告げました。
そして今すぐ治る薬下さいと!高くてもいいから明日の朝起きたら治っている薬をと。

お兄ちゃん、ちょっと驚いてそして一生懸命考えて、葛根湯のドリンク剤と栄養ドリンクをくれました。
それから支払い終わって帰ろうとした時、「きっと治りますよ!」と力強く言ってくれました。
内心は(全くもう・・おばさんはこれだから)と思ったかもしれない。でも嬉しかったな!

そして夕飯の前にセットで飲んで、野菜を沢山食べました。
a0011999_228481.jpg

and
a0011999_2293226.jpg

「病は気から」です!
頭が痛かったり、ボーっとしてせっかくのお料理をムダにしたくないですからね。
明日は素敵なイタリアンマクロを元気にアップするつもりです。

ちなみにメニュー等、紹介しておきましょう。

☆ひじきと舞茸のスパゲッティ、オイルレス
☆豆と野菜のミネストローネスープ
☆玄米ご飯のミニピザ
☆プレスサラダ ノンオイルドレッシング
☆タヒニ カスタード
☆オーガニックコーヒー又はオーがニック紅茶、三年番茶、穀物コーヒーのうち1品


バレンタイン、プレゼント企画やってます。今月いっぱいです。

by quilt4 | 2005-01-27 22:01 | FOOD&HEALTH | Comments(12)

Chocolat

a0011999_21581645.jpg
行ってきました。オーブンミトンの講習会。

「クラシックショコラ」

天板にお湯をはって、竹串にホロリと付く焼き上がりのネットリ濃厚な感じの生地です。
フランボワーズソースがよく合います。


a0011999_2242364.jpg
「生チョコ」

オリジナルで極上な口溶けのチョコレートです。
実際こんな美味しいチョコレート食べた事ないと思う程です。
a0011999_228815.jpg







「フォンダンピーカンナッツケーキ」

卵と砂糖を湯煎で泡立ててチョコレートを混ぜるやり方で、粉が入りません。
これは午後からのクラスでの講習でした。
午前中のクラシックショコラのやり方と少し混同して刻んだナッツを入れ忘れ、生地にむりやり押し込んだりしました。

a0011999_2217257.jpg

「トリュフチョコレート」

トランペする先生の手元です。

丸1日チョコレートと共に暮らしていました。
幸せ気分いっぱいです。

そしてこの幸せな気持ちをいつもお世話になっている皆様にお裾分けしたく、感謝の心を込めてバレンタインデーにプレゼントしたいと考えました。

勿論気持ちだけでなくチョコレートに込めて送らせて頂くのですが、一人で作るものですから沢山は無理なので、3名の方に限らせて頂きます。
今月いっぱい受け付けておりますので、後に住所、名前を明かして下さる方は応募して下さいね。
今回講習を受けたケーキをその通りに作って送らせて頂く事にします。

by quilt4 | 2005-01-26 22:40 | CAKE | Comments(26)

秘密兵器

a0011999_15421141.jpg


バターケーキを作る時の強い味方、「赤外線放射温度計」をご紹介します。

バタ−を室温に戻すと言っても季節によっていつも温度が違うわけで、とても曖昧な表現だと思いませんか?
オーブンミトンでそこら辺をキチンと数字で教えてもらってから、長年感に頼ってきたケーキ作りですが、アナログ人間がデジタル表示と睨めっこして、楽にいつも同じ生地の状態を保っています。

室温が20〜23℃なら、バターは20℃。
23℃以上の室内ではバタ−の温度が19℃の時に作業を始めます。
20℃以下の時には22〜23℃から始めます。
そして大切なのは泡立て終わりが20〜22℃になっていること。

レーザーを生地に当てて測定していると、泡立てている途中、卵を混ぜる時、その温度によって生地温度が変わっていくのがわかります。
夏は冷たいままの卵をそのままで、冬は30℃くらいに湯煎して使う工夫で、いつも生地を一定の温度に保つ事が出来ます。
きめ細かい気泡を沢山含んだ理想的な状態の生地に粉を混ぜる事が出来たら、成功間違いなしです。

写真はストーブの前に置いたバターが21℃になった時に泡立て始めましたが、室温の低いキッチンに戻したらあっという間に下がり始めました。なおかつ低い室温に置いた卵を入れていくともっと下がってしまうので、少し温めてから使いました。

これを使う様になってから、まるで理科の実験のようにバターの泡立てが楽しくなりました。
オーブンミトンでは教室でもお店でもこのレーザー温度計を使ってチェックを怠らないのだそうです。頭が下がります。

そうして作ったパウンドケーキ

by quilt4 | 2005-01-24 16:52 | CAKE | Comments(22)

お陽様の匂い

a0011999_23173314.jpg


風はさすがに冷たいですが、陽の光は春を感じる様になってきましたね。

ホカホカあったかお布団を取り込むと、ピョ〜ンとどこからかミニーが飛び込んできます。
そして奥の方へ潜り込んでは、いつまでも眠りこけています。

気持ち良さそうだね〜

一緒にお昼寝したいなぁ・・・

by quilt4 | 2005-01-22 23:29 | CAT&DOG | Comments(14)

芋がらの炒め煮

a0011999_21191018.jpg


芋がら、さつま揚げ、豚肉、生姜を胡麻油で炒め煮にしました。

歯ごたえもいいし、カロリー低いから沢山食べられます。
田舎のおばあちゃんの伝えたい味。って感じで好きです。

ご飯にのっけても、つまみでも。  美味しいよ!

by quilt4 | 2005-01-21 21:40 | FOOD&HEALTH | Comments(16)

楽しい時間

a0011999_21262348.jpg


木曜日は出張で仕事です。
少し遅れて入ってきたKさんが持ってきてくれたのはスノーマンのフワフワ膝掛け。
福袋に入っていたそうで、先日Kフライドチキンでもらったカップの絵と同じ、ホンワカとてもかわいいです。(買いに走った一人)
わざわざ見せてくれるために持ってきてくれました。(彼女自転車なのに)

そしてポーチですが。
パンツの裾を切った生地のリフォームだそうです。
生地が紬っぽく、ちょうど切り替えを利用して味のあるポーチになっています。
しかも裾の広がりを上に持ってきて自然とチューリップ型になったところがユニークです。
ミシンは得意な方なのでチョイチョイっと作ってしまったらしく、私があまり感心するので逆に不思議そうでした。
何とも言えずオシャレな感じがします。
今日も楽しい教室でした。

ちなみにおやつは、マロンクリームに刻んだ栗を混ぜたロールケーキ。
生地は小島さんとこの「たまごロール」で作ってみました。
バターは入れずに牛乳を40ml程、卵が沢山入るしっとりふんわり生地です。

by quilt4 | 2005-01-20 21:54 | PATCHIWORK QUILT | Comments(6)

MATCH

a0011999_2329422.jpg


なんてノスタルジックな箱。
懐かしい!目が離せなくてこんなに沢山買ってしまいました。
赤の色がかわいい。
箱を開けると、ラベルと同じ赤の頭が整然と並んでいて・・・こんなにまじまじとマッチを眺めた事ってあるかしら。う〜〜ん、これは見れば見る程オシャレだぞ。

エッセンシャルウォーマーのろうそくに火を灯す時、マッチはとても使い易い。
カチャカチャと音をさせて箱を開け、1本取り出してシュッと擦る。
シュー、パチパチっと炎が大きくなる。ひと呼吸おいてろうそくに火をつける。
炎が手に近寄ってくる前にフッ・・・・
又一つ、癒しの小道具が増えました。

蜜ロウとシアバター、ホホバオイルを温めて、乳香を加えたクリームでも作りましょうか。
乾燥の季節のアンチエイジング用に・・・。

マッチ好きな人がいるのも頷けます。

by quilt4 | 2005-01-19 23:58 | GOODS | Comments(12)