カテゴリ:TRIP&FLOWER( 52 )

益子遠足♪

昨日はいつもブログでお世話になっている、mikanskyさんmapletree1127さん、私の3人で益子に楽しい遠足でした〜!
梅雨時にお天気に恵まれ、焼き物の町をテクテク歩き回り、喋りまくることができました。
まるで私がお天気を良くしたかのように、エラそうに晴れ女を吹聴してきましたけどね、いや、ほんとなんですよ!晴れ女。これほんと。

益子はむか〜し、むかし、焼き物を買いに行った頃とはまるで違う町に変わっていました。
一言でいえばオシャレ。
焼き物もいかにも益子焼というものは少なく、今風でシンプルなものは若い作家さんによるものなのでしょうか、ケーキやサラダを盛りたい様な器がいっぱいでした。
a0011999_21145516.jpg

その中で私がチョイスしたものは、こちら。

健康茶をお出しすることが多いので、大振りな湯のみを探していたのです。
「焼酎用」の札の前にありましたが、多目的に使えそうなシンプルな形と優しいベージュ色、飲み口が薄めで、ツルツルしていることが気に入りました。

勿論、焼酎にも使いましょう。(作家さんの意思を尊重して)
だけど、カフェオレカップとしても活躍しそうです。
アイスクリームはどう?
そば猪口には? 
その都度、器と中身が引き立つ様に、受け皿をどんなものにするか悩むことも楽しそうです。
器に合わせて茶托も揃えたんですが、厚みと大きさがこれ又和菓子用にも使えそうな気がします。
a0011999_2135480.jpg

こちらは食事をしたKENMOKUcafe。
a0011999_21362669.jpg

自然菜食レストランで、高野豆腐のカツ丼を注文しました。
勿論、それぞれ益子焼きの素敵な器が使われています。

高野豆腐の間ににんじんをサンドしたカツを黒米ご飯の上にのせてゴマだれでいただきます。
言われないと高野豆腐だとはわからない味。
これはヘルシー&美味しいです!

それから3人ともウ〜ンとうなった小鉢は「青菜の梅おろしあえ」
これは早速マネしなくては!

楽しいお喋りはずっと続きました。

ブログで自分の生活を公表しているとは言え、初めて会ったmapletreeさんとも車の中では昔からの友達のように(彼女と私の昔は年月が違いますが)打ち解けて話が出来ました。
若くて、かわいくて、おもしろい方でした。

More面白いと言えばね!

by quilt4 | 2006-06-20 22:25 | TRIP&FLOWER | Comments(14)

TULIP!

a0011999_2050414.jpg

羽村のチューリップ畑は今が見頃。
娘夫婦に誘われて行ってきました。

人も大勢。チューリップ畑の真ん中に立ち360度見渡すと、赤、黄、ピンク、紫、白・・・
絶景です。
a0011999_20535430.jpg

綺麗なチューリップだ。どれ、よっこらしょっと!
a0011999_20551835.jpg

もちっと上から眺めたいもんだなぁ。
a0011999_20563637.jpg

大きなプードルとお友達になりました。
犬嫌いなのに同じ犬種には何かを感じるのでしょうか、いつになく積極的です。

by quilt4 | 2006-04-15 21:01 | TRIP&FLOWER | Comments(20)

温泉旅行

a0011999_22353199.jpg

長野の山田温泉、藤井荘のお風呂は塩味。
ところが、50m程離れた所にあるこの足湯のお湯は硫黄。
不思議ですね。
お風呂の写真を撮るわけにはいかないので、こちらで硫黄の香りを想像してください。

携帯の通じない山奥での1泊でした。
隔離された感があり、少々不安な面もありますが、ある意味安らぐものです。
露天風呂にはちらちらと雪が舞い、目の前の山には雪が残っていて、窓の下は川のせせらぎ。風情あります!

a0011999_22482866.jpg

善光寺。
ここでは忘れずに安産のお守りを買いました。

Moreお土産屋さんでこんなもの見つけました

by quilt4 | 2006-03-27 23:44 | TRIP&FLOWER | Comments(16)

黒部ダム

a0011999_22531653.jpg

大雨のあと、豊かに水をたたえた黒部湖。

妹の仕事関係の招待旅行で「黒部アルペンの旅2日間」に行ってきました。
行きは新宿からスーパーあずさ、帰りは富山空港から飛行機です。(羽田から家までのほうが長い)
富山県、ここも初めての土地でしたが、涼しいというより寒いくらいで、東京の梅雨の蒸し暑さは一体なんでしょう。
こちらではとっくに終わった花が咲いていたり、雪が残っていたり、暑い夏はほんの一時なのですね。

a0011999_2257524.jpg

静かな湖とは裏腹な、迫力の放水を見ることが出来ました。
足がすくむ程の高さからの眺めは凄い!の一言。
たくさんの方が亡くなったダム建設ですが、本当に人間の力の偉大さを感じます。

a0011999_2335495.jpg
宿泊は2450mの高さにある立山ホテルにロープウエイやトロリーバスを乗り継いで登っていきました。
室堂のバスターミナルは日本最高所なんですって。



a0011999_2391291.jpg
高山植物や火口湖を散策したのですが、私は気圧の変化に弱く、低酸素症の症状が出て不覚にも動きが取れなくなってしまいました。
楽しみにしていたビールも不思議なくらい喉を通らず、手が浮腫みました。

a0011999_2321528.jpg
そして富山の名物と言ったら何と言ってもこれ、鱒鮨ですね。
(半分しか入ってなかった訳じゃないです)
どこでも手に入る物なんですが、やはり現地の作りたてはひと味違う感じがします!

家では娘が留守番してくれて、犬も猫もとてもいい子だったそうです。
お陰で、しばし忙しさを忘れリラックスできました。

by quilt4 | 2005-07-07 23:41 | TRIP&FLOWER | Comments(16)

つつじまつり

a0011999_11345918.jpg


青梅の塩船観音寺
みごとなつつじの山です。
5月3日は毎年火渡り荒行修行が行われ、大勢の人で賑わいます。

毎月1回パッチワークの教室に通って来る、母と叔母夫婦と共に見てきました。
凄い人!
すり鉢場になった山の斜面に沢山のつつじが植えられているのですが、道という道には人、人、人。いつも人ごみを避けて行動しているせいか、目が回ります。
お賽銭箱まで辿り着けずに遠くから手を合わせて・・・ゴメンナサイ。

つつじはちょうど見頃でとても綺麗でした。
ここのお土産屋さんはいつも私がお世話になっているゴルフ場を経営なさっているつつじやさん。おそば、味噌田楽、おまんじゅう、お団子,なんでも美味しいです。
遊びに行くことがあったら是非お寄り下さい。たぶんおまけしてくれます(?!)

a0011999_11532357.jpg

帰り道、人垣ができていたので、何だ,何だと野次馬になってみたら、この子がチョコンとおじいさんの膝に座ってみんなの注目を浴びていましたよ。
思わず一番前でパチり!

でもここまでやっちゃ・・・なんかね・・・@_@: (言えないか↓)

カラッといいお天気のGWです。
私は蚊が出てくる前のガーデニングに励んでいます。
それと試験勉強。お休みなんだけど今ひとつ落ち着かない気分で毎日を過ごしています。
皆さん、素敵なお休みをお過ごしくださいね〜♪

by quilt4 | 2005-05-04 12:05 | TRIP&FLOWER | Comments(2)

TOKYO BEY

a0011999_0132545.jpg


ここ、どこの海だと思いますか?!

なんと・・・

by quilt4 | 2004-12-18 00:48 | TRIP&FLOWER | Comments(14)

下仁田温泉

a0011999_1761671.jpg


下仁田温泉で忘年会です。
関越自動車道で家から1時間ちょっとで行けてしまうところに、こんな秘湯ムードたっぷりな温泉場!
あまりにもすぐ着いてしまうので、いつものゴルフ場を横目で見ながら、軽井沢まで足を伸ばし、散歩してきました。
もう閉めてしまったお店やら、シーズンオフで人もまばらと言うのは何だか寂しいものですね。

a0011999_17113869.jpg


清流荘という宿に泊まりました。
インターを降りて山を少し上がって行くと、そこだけ人里離れた雰囲気。
広い敷地内に小さな川が流れている、散策にはなかなかいいお庭を持つお宿です。

食事は山里料理。
猪、鹿、鳥等、この敷地で飼育しているそうで、お魚は山女でした。

a0011999_1720035.jpg


露天風呂。
炭酸水素塩泉で低温なので手を加えているそうですが、美人を作るお湯なんですって!?
内風呂と交互に入り、1度やってみたかったお湯の中でのビールは、格別でした。
a0011999_17245285.jpg


岩を枕にこんな景色を眺めながら、いつまででも入っていたい気分です。
今朝は冷え込んで、出ている顔だけ冷たくていい気持ち。
お湯の中に落ち葉がハラハラと落ちてきます。

1年間の垢も落とし、これから来る暮れや正月の忙しさに向けても身心共に充電出来ました!

by quilt4 | 2004-12-12 17:53 | TRIP&FLOWER | Comments(14)

那須(続き)


a0011999_1558052.jpg
殺生石
硫黄臭とともに異様な空気の所だと感じました。
このそばを通る人や動物が、地面から放出される有害ガスによってバタバタと死んでしまったことから、怖い伝説が生まれたのですって。

私達はここのそばの古びた旅館に泊まったのですが、温泉は皮膚病、慢性病、婦人病等に効果ありの硫黄泉で、母は湿疹が治ったとはしゃいでいましたが、1日で〜? ほんとに〜? 
私はブレスを外し忘れて真っ黒けになってしまいました。



a0011999_16102985.jpg
店の名前に惹かれて入ったカフェ。(小さく写ってるでかいお尻の人は妹。最近太って気にしているので小さい画像で・・・でも私の方がもっとでかい)

キョロキョロ探しても猫の姿が見えなかったので、思わず“猫さんは?”と尋ねてしまいましたが、店を建てた当初に3匹の親子猫が住み着いたので、三匹の猫という店にしたのだそうです。
絵や焼き物のギャラりーがあって、ここだけ時間がゆっくり流れている様な空間です。



a0011999_16152331.jpg
デッキでコーヒーを頂きました。
木漏れ日。
高原の冷たい空気。
何とかここで暮らす事は出来ないものだろうか・・・・妹も私も本気。

きっとそばで父の霊が聞き耳をたてていたに違いありません。





a0011999_16284057.jpg
ヤマグリ。
母が子供のようにシャツの裾に、痛い痛いと栗を拾っては溜め込んでいました。

元気なうちに楽しい思いをたくさんさせてあげなくては、とそんな姿を眺めながら感じました。

by quilt4 | 2004-10-03 16:46 | TRIP&FLOWER | Comments(15)

那須の温泉

母と妹と3人で、福島の父の墓参りに行きました。

父は福島の生まれで先祖の墓が平にあるため、生前から自分はそこに入ると言い張り、一人遠く離れた福島の生家の近くに眠っています。
お墓参りのたびに遠くてたいへんな思いをしますので、今回は那須に1泊してくる事にしました。

ずいぶん昔ですが、那須にある土地に家を建てて老後の住処にする、と父が言い出したことがあります。ところが東京から出た事のない母は蛇が大嫌いで、とてもそんな所には住めないと猛反対し、何ヶ月も口を聞かなかったそうです。
そんな懐かしい父の思い出話をしながら硫黄の温泉に浸かって、親子水入らずのいい旅になりました。

私はほんとに久しぶりの那須だったのですが、秘湯巡りの好きな妹に案内してもらう景色は、かなり昔と変わっていて驚きました。
他の観光地と違って俗っぽい店もなく、大人が素敵な時間を過ごせそうな所に変身していました。見たい店や気になるカフェもあり、ゆっくり滞在してみたいと思いました。

写真を撮ったのですが、iphotoに読み込めません。
何日か前から調子悪く、難なく出来る日もあるのですが、今日はどうやら駄目な様です。
そんな事してるとスムーズな更新が出来なくなりますので、明日カメラ屋さんで診てもらうつもりです。
明日以降に画像を添えてこの続きをお伝えします。

by quilt4 | 2004-10-02 22:57 | TRIP&FLOWER | Comments(10)

POPPY

a0011999_212552.jpg埼玉県美里町のポピー

こんなにかわいいポピーが辺り一面! ぽぴー!ポピー!

 ここはオレンジの畑。 隣は赤やピンクの畑でした。

関越自動車道、花園ICより児玉町方面へ、国道254号沿い。

今がちょうど見頃のようですよ!

by quilt4 | 2004-05-07 20:32 | TRIP&FLOWER | Comments(6)