カテゴリ:CARTONNAGE( 20 )

箱への思い

a0011999_18543942.jpg
a0011999_18551591.jpg

いつか作ってみたかった、このフレンチスタイルの箱。
本を見ながら作ってみました。

バインダーにも使ったとっておきの生地をフタに使い、その花柄を活かすためのハートやピンクのレースを使ったりもして、甘く優しい箱になりました。
ただ、大きめのフタに柔らかい生地を使ったため、綿はもう少し厚めにした方が良かったかもしれません。
それから、フタの位置には相当気を使ったつもりでしたが、開けて締めてみるとちょっと後ろにいってしまうのです。
と、問題点はありますが、眺めていると思わず頬が緩む「お気に入り」なひとつになりました。

この箱の蓋を開ける時、子供の頃に叔母にもらったアメリカのチョコレートの箱を開ける心のときめきを思い出します。
きちんと並べられたチョコレートを一粒ずつ大切に食べた後、チョコレートの香りがいつまでも残っているその空き箱に小さな宝物を入れて大切にしていました。

できることなら私と同年齢くらいのヴィンテージ布を使っててこの形の箱を作り、子供の頃のワクワクした気持ちに浸りたいと思います。

まだあります

by quilt4 | 2009-12-03 21:00 | CARTONNAGE | Comments(14)

大好きな生地で。

a0011999_2055246.jpg
a0011999_20552264.jpg

近頃、教室では薔薇など花のアップリケが流行っています。
私も生地を買いに行くと、やさしい花柄につい目がいってしまいます。
パッチワークで切り刻んでしまうわけにはいかず、そのままお蔵入りだった生地が、カルトナージュで生き返りました。

このバインダーにはとっておきの薔薇の生地を使ってみました。
15×13のちいさなものです。
用途も考えずに作ったので、中の紙は自分でケント紙を切り穴を開けて作りましたが、何度かやり直してピッタリのサイズは最終的に14.5×11.5でした。
a0011999_21223437.jpg

これはA4サイズのバインダー。
リコママは薔薇の模様よりこの鍵模様がお好みなようです。

バインダーは幾つあっても役に立つもの、好きな生地のバインダーだと書類の整理も楽しいです。
a0011999_21354751.jpg
a0011999_21361966.jpg

ジャーナルラック。
先日のレッスンで作ったものです。
この大柄な花の生地をどう使おうか考えていたもので、先生の見本を見た時にすぐに予約を入れました。

これ、とてもたいへんでしたよ。
夢中で頑張って、なんとか完成しました。
遅くまでtoko先生ありがとうございました♡

素敵でとても気に入りました。が・・・いつもみたいにすぐ復習というわけには・・・だって5時間もかかったんですもの〜
それから・・・・床に置くのは勿体なくて・・・困っちゃいます。

by quilt4 | 2009-11-08 22:04 | CARTONNAGE | Comments(16)

PHOTO WORK SHOP

a0011999_2238531.jpg
a0011999_22383134.jpg

楽しかった写真のワークショップが終わってしまいました。

最後に作った来年のカレンダーです。
自分で撮った写真がカレンダーになるって嬉しい!
私の写真はほとんどがLAND、他にスィーツや花、ワンコなどです。

これはとても素敵なので、フォトブックにしてもいいと思い、表紙を気に入った生地でいくつか作りました。
復習、復習!
プレゼントに最適だと思います。
a0011999_22492467.jpg

それから、少し前に作ったノート。
これもいろいろな写真でたくさん作ってみました。

写真とカルトナージュを組み合わせたワークショップ、これからも私の生活にとても役に立つと思います。
短い間でしたが、いっしょに過ごした皆さん、ありがとうございました。
習ったことをブログに活かしていきたいと思っていますので、時々覗いてくださると嬉しいです。

カルトナージュの作品

by quilt4 | 2009-10-13 22:39 | CARTONNAGE | Comments(10)

「赤」の仕事

a0011999_20383675.jpg

今週はカメラのワークショップ、カルトナージュ講習と2日連続でした。

これは、自分で撮った写真で作った時計。
モデルは、届いたばかりのブラムリーさん、文字は黄緑のかわいい林檎をよりかわいく見せるために選んだ
カラッと明るい赤で。

どの色にも言えることですが、ほんの少し違う赤になると雰囲気がガラッと変わってしまいます。
赤は特にそう思います。
目立つからでしょうか。
キラリと光る脇役を演じてもらいたいのに、主役をくってしまうことがあるので気を使います。
それから、プリンターによってもずいぶん仕上がりが違いますね。

この赤は気に入りました。
ブラムリーさんを美味しそうに見せるいい仕事してくれてます。
a0011999_20515529.jpg

皆さんの作品です。

この日はランチ付き。
いつもおしゃれなセッティングで美味しいランチをいただき、いろいろ勉強になります。
あと1回で終わるワークショップですが、みなさんとも仲良くなれて、ずっと続けたい気持ちになってきました。
a0011999_20555329.jpg

それからカルトナージュはペン立て。
前回作ったティッシュボックスと同じニワトリ柄で。
a0011999_2057839.jpg

こちらはザラッとした質感の麻布なので、中はシックなクロスでと思っていたらピッタリの赤がありました。
トサカの赤とリンクして良かった!

カルトナージュは、色選び、生地選び、出来上がるまでの工程にはパッチワークと共通の楽しみもあってとても楽しいクラフトです。
しかも一日で出来上がる!

出来上がった途端、「キャッ、かわいい!」と思わず口に出してしまう私です。

by quilt4 | 2009-09-09 21:11 | CARTONNAGE | Comments(12)

ティッシュボックス

a0011999_20271161.jpg

カルトナージュの先生のお部屋で最初に目についたのがこの箱でした。

それから、ザックリした麻の生地に洒落たニワトリ柄。
これも他のものに使ってあったのですが、ずっと気になっていました。

私の教室は色が反乱しているので、いつも目につくティッシュボックスは比較的地味目の色合いでと考えていました。
結果として、色は押さえたものの、あまりにかわいいので、教室に入ってきて注目の的となっています。

蓋の部分にはキルト綿を入れてふっくらさせていますが、よりフンワリにと思って2枚重ねにしたら、取り出し口の始末が結構やっかいで、生地が波打ってしまいました。
それもストライプでなければ目立たなかったのかもしれませんが・・。

帰りの車の中では、いろいろ改善しなければならない点などを反省しつつも、信号待ちでバッグから時々取り出しては、ニヤニヤ眺めたりしていました。

フフッ、かわいい・・・。

そして、復習です。

by quilt4 | 2009-08-18 21:14 | CARTONNAGE | Comments(30)

フォト ワークショップ

a0011999_22112427.jpg

撮り溜めた30枚位の写真の中から3枚を先生に選んでいただき、パネルに仕上げました。

この3枚は、私自身が気に入っている写真でもあったので、嬉しかった!
a0011999_22155755.jpg

みなさんの作品を壁に飾って写真撮影です。
それぞれ、ボードの色と写真がマッチしていて素敵です。
a0011999_22174759.jpg

早速、家の玄関に飾ってみました。

う〜ん、いいかも!

夏向きの涼しげな玄関になりました。

by quilt4 | 2009-07-06 22:20 | CARTONNAGE | Comments(12)

PHOTO

a0011999_1436985.jpg

世田谷美術館にて、写真のワークショップ グループ展を見てきました。
a0011999_15124621.jpg

広いスペースにため息の出るような写真がいっぱい。
カメラの楽しみ方もいろいろあるんだなぁ。
a0011999_14404424.jpg

カルトナージュの作品。

どれを部屋に置いても主張し過ぎることなく溶け込んでいきそうなデザインと色合い、多くの先生の中から私がこちらに決めた理由は、無駄のないデザインの中にキラリと光るセンス、ナチュラルな色彩感覚に惚れたからです。

今回のグループ展を見せていただいて、私の目に間違いはなかったと確信しました。
自分の心を映し出すような魅力的な、誰かがハッと立ち止まるような写真が撮れたら素敵です。

いつかは私も。
a0011999_14532132.jpg

都立砧公園です。
東名高速道路の下の駐車場から公園内を歩いて美術館へ行けます。
この日はお天気もよくて、広い公園をカメラ片手に散歩して廻りました。

環八と東名に挟まれたこの公園、遠くに激しい車の往来を感じつつも、広く緑の空間はとても気持ちの良い東京のオアシスといったところでしょう。

素敵な写真と美しい緑で、目に心に栄養をたっぷり与えてきました。

by quilt4 | 2009-06-21 15:13 | CARTONNAGE | Comments(4)

クリップボード

a0011999_13305184.jpg
a0011999_1331980.jpg

カルトナージュの教室では、写真のワークショップも受けることが出来ます。
この日は写真をA4の布プリントに印刷してクリップボードを作ります。

オーブンミトンのロールケーキの写真とピクルスを使ってみましたが、カルトナージュで一度習っていたものの、余白の取り方を間違って小さくなってしまったり、クリップの位置が上過ぎたりの小さな(?)失敗を重ねてなんとか出来上がりました。
a0011999_13554356.jpg

皆さんの作品です。

ランチ

by quilt4 | 2009-06-03 14:09 | CARTONNAGE | Comments(4)

箱、箱、箱!

a0011999_13495734.jpg
a0011999_13501370.jpg

バインダー、クリップボードに続いて立体の箱(そりゃ立体ですが)を作ることができました。

楽しいです、実に。

カルトナージュとは、厚紙をカッターで切って立体に組み立て、水張りテープで補強し、布をボンドで貼って箱に仕上げるフランスの箱作クラフトのことです。

私はこの技術にキルトをプラスした箱作りをしたくて世田谷まで講習を受けに通ってるのですが、今回は「お道具箱」ということ、カルトナージュの道具が一通り入るサイズの箱を教えていただきました。

ぼかしの入ったハワイアン柄を使いましたが、ちょっとシックで物足りない・・・
そこで家で眠っていた制作途中の物を張り付けてみました。
キルトとカルトナージュのコラボ作品、遠慮がちに第一号です。
箱の裏にはゴチャゴチャしがちの鉛筆とヘラを収納するサックを縫い付けてみました。

うん、ちょっと私らしくなったかな。

何でもそうですが、物作りにはキチンと押さえなくてはいけないポイントがあるもので、そこをいかにスピーディーに習得するか、ですよね。

箱作は勿論、キルトもお菓子もプロに習えばポイントは頭に入るんです。
そこから指先に指令が走る。
ただしその指令を忠実に手が従えるかどうかというところが問題なんですね。
へたをすれば脳が指令を出すことを忘れたり、その前に脳にインプットすら出来なかったりする事態も起きるわけです。

緊張感を持って先生の話に耳を傾け、脳にしっかり収め、冷静に指先に伝え動かす。
「習う」って実に楽しいことです。
こちらでは、箱が作れるようになるだけではないたくさんのことを、私なりに習得しているつもりです。
人に物を教えることが、とても楽しくなってきたこの頃、時間の許す限りいろいろな所へ出かけて、何かを習得しようとする魅力的な方々とたくさんお会いして、自分を肥やしたいと思っています。
a0011999_14222831.jpg
a0011999_14224550.jpg

もう一つ作りました。
ザックリした麻の蓋に、やはり切ってあったプルメリアをアップリケして綿で膨らみを出してみました。

綿の厚みの問題もあるので、キルトは落としだけにしましたが、基本をしっかり身につけつつ、素敵なパッチワークの箱に少しずつ挑戦してみます。

まだあるよ

by quilt4 | 2009-05-29 14:48 | CARTONNAGE | Comments(10)

カルトナージュ

a0011999_1872635.jpg

a0011999_1891521.jpg

今日はカルトナージュの講習を受けてきました。
a0011999_1811751.jpg

手帳カバーです。
今年買ったものが使い難くて困っていたので、4月始まりのスケジュール帳で使い易そうなものを買い求めてからでかけました。

まだ調子が戻っていないので車で行きましたが、高島屋二子玉川店の伊東屋でキョロキョロしていたので少し遅刻、それでも環八も思ったほどの渋滞はありませんでした。

皆さんもう既に遠くにお出かけなのでしょうか。
ゴールデンウィークは都内がいいかもしれない

この手帳カバー、気に入ってるヴィンテージの布を思い切って使ってみましたが、背帯用に先生の所でピッタリのストライプ生地を見つけてうれしくなってしまいました。

ビシッと出来て大満足!
夢中で作っている間、体調の悪さを忘れていました。

やっぱり病は気から、なんですね〜
「さぁ、そろそろいつものペースに戻りなさい!」と新しいスケジュール帳にカツを入れてもらったような気がしました(笑)

by quilt4 | 2009-04-30 22:54 | CARTONNAGE | Comments(10)