今年のチョコレートケーキ

a0011999_238760.jpg

オーブンミトンの1月の講習は「フォンダン、オ、カシス」と「クレーム、キャラメル」でした。

カメラを忘れて携帯での画像であまりよくわかりませんが、カシスの酸味と粉の入らないチョコレートの濃厚さがとても良く合う半生のチョコレートケーキです。

濃いコーヒ−を飲みながらネットリした生地を少しずつ食べる幸せ、今年のバレンタインデーのケーキはこれに決めました。
チョコレートケーキはさっぱり軽くではなくて、やはりねっとり濃厚がいいです。

家に帰って2回復習しましたが、焼き加減に神経は使いますが、材料も少なくて比較的易しい作り方です。
a0011999_23203463.jpg

プリンの画像はあまりに美味しそうだったのでペロリとたいらげてしまって撮り忘れました。
これは今日、家で作ったものです。

バットにお湯を張って上からもバットをかぶせて蒸し焼きにするのですが、低い温度のオーブンで長い時間かけるとスも入り難く、表面も固くならないそうです。

家に同じサイズの深いバットが無かったため、買ってきました。
プリンの型もいろいろな物で作ってみましたが、背の高いものより浅めの型(やはりプリン型)のほうがきれいに焼けていました。

型を変える前に、同じ型で作った方がオーブンの癖による熱の伝わり方がわかって良かったのかもしれません。
奥の方に置いたものは焼き過ぎてしまいました。
庫内が小さいもので、時間より早めに確かめた方が良かったようです。

ひとつひとつ揺すってみて中心がフルフルするようではまだ。
作り方を見ていると、素朴な家庭のお菓子もプロの腕にかかると「上質なプリン」になるものだと思います。

しっかり固まっているのになめらか、焦がしめのカラメルと甘さの良いバランス、私はこんな昔っぽい基本的なプリンが食べたかった!
オーソドックスでありながら初めて食べるような超おいしいプリンです。

今日の生徒さんとも「トロトロの流行のプリンより普通のプリンの方が好き!」と意見が一致したところで、これも何度も練習を重ねたいと思っています。

☆レシピはcafe sweets (December 2009)に載っています。

by quilt4 | 2010-01-30 23:45 | CAKE | Comments(4)

Commented by noppo at 2010-01-31 16:55 x
うぅ~ん,美味しそうな画像!
ネットリした生地・・・・もう,想像だけでコーヒーいけちゃいそう!!
(本当は,無理やから,手近なチョコを放り込んでやっぱりコーヒー♪笑)

そうなんですよね~.
チョコ好きには,チョコよりチョコ~!!って思うくらい濃厚なのが良いんですよね.
画像があまりにも,ネッチリ感がでてて,美味しそうなので,コメントしました♪ウフフ
Commented by quilt4 at 2010-01-31 20:10
noppoさん
ネッチリ感、あるでしょう♡
濃いコーヒーとチビチビ食べる・・・・最高ですよね。
このケーキ、少し苦めのネッチリよ。
チョコレートの季節ですね。
Commented by mapletree1127 at 2010-02-02 08:18
チョコレートとナッツも合いますが、ベリー類やちょっと酸っぱいフルーツとの組み合わせも大好きです。
プリンは、やっぱりスタンダードが美味しいですよね。
でも、小嶋先生のレシピなら、きっと期待以上なんでしょうね~。

おっとよだれが…
Commented by quilt4 at 2010-02-02 12:54
mapletree1127さん
スタンダードなプリンでありながら口溶けなめらか、カラメルとクリーミーな生地のバランスがすばらしいです。
ちょっとこのプリンに凝ってみたくて耐熱ガラスの器を揃えてしまいました。

濃厚チョコレートとカシスの酸味、これもいいですね〜
コーヒーを美味しく入れよう!と思っちゃいます。