壮絶なる2泊3日ダイエット

a0011999_21534087.jpg
たまにはこんなのんびりしたミニーさんの寝姿でも投稿しようかな、なんて考えていた何日か前の春爛漫な日、突然やってきた背中の疝痛。
それが何の痛みであるかは私にはすぐにピンときました。そして我慢の出来る範囲のものでないことも・・・

その名も尿管結石!
それは20年前の夜中に発症、救急車で運ばれて1週間入院、七転八倒の苦しみを味わった疾患であります。

20年前と同じ激しい痛み、おう吐、貧血で歩けなかったため、担架でICUに運び込まれバタバタと様々な検査を受けました。
その結果はやはり思った通り、結石。
痛み止めの座薬を使ったものの効かず、筋肉注射(おそらくモルヒネ)で一旦は治まるものの
一晩中痛みの勢力が弱まることはありませんでした。

この結石の痛みは「焼け火ばしで背中を刺されるような痛み」とよく表現されます。
まさにその通りで、それは「障子の桟が見えなくなる痛み」に勝るかもしれません。
ま、気持ちの問題もあるのでしょうが、出産の希望ある痛みとは根本的に違う訳で、生まれてくるのはゴマ粒より小さいコンペイ糖みたいにギザギザな汚い石、それが尿管を下って膀胱に落ち、尿から排出されるのを「焼け火ばしで背中」を刺されながら待つのです。

ところが、ところがです。お医者様は病状が結石だとわかると急に冷たくなるのです。
身動き出来ないでいる私に向かって「この病気、昔は重役病と言ってね・・・」と説明が始まります。
「病気ではないので、お水をたくさん飲んでピョンピョン飛んでください」
「寝ていると石が落ちないから入院の意味がないんですよ」

ひ、ひどい・・・・

モルヒネを打たなければならない程の痛み、おう吐に苦しむ私に向かって「動け」と!?

20年前に入院した時は鷲沢玲子先生の教室に通っている時で、初めての自費出版の作品に取り組んでいる真っ最中でした。
入院していては締め切りに間に合わず、痛み止めを打って楽になったのを見計らっては、ベッドの上でウエディングリングにキルティングをしていた凄い患者をやってのけました。
懐かしい思い出ではありますが、あの体力は何だったのだろうかと、今回つくづく20年の年月を自分の身体に感じた次第、身体に関するいろいろな不安も伴い、やはり無理が利かないことを思い知らされました。

とは言え、石が落ちてしまえばこっちのもの、いきなり元気になるから不思議です。

2泊3日、ほとんど固形物を口に出来ない状態の中、痛み止めの注射でもうろうとした意識で見た夢はなんと、ケーキやコーヒーやジューシーなお肉がまるでスライドショーのように入れ替わっていくというもの、そのたびに「オェ、これは無理・・・食べられない・・・」とショックを受けているのです。
変な夢でした、実に。吐いている最中に普通そんな夢見ませんよね・・
神経が麻薬で侵されたんです、きっと。

年のせいか何をしても痩せなくなって悩んでいる今日この頃、苦しんで食べなかった分、さぞかし体重も減ってるだろうと、廊下に置いてある体重計に乗ってみました。
・・・が、ほとんど減ってない!
なんでだ〜?!

むしろ身体の中を空っぽにしたのでリバウンドが恐いかも知れない。
減ってないのにリバウンドって、いったい・・・

ま、それはさておいて、とにかくこんな感じの闘病生活を送り、今は何とか小康状態。
まだ少し背中が痛むので残っている可能性もありますが、先生の言いつけを守り、水を飲んで暴れることに専念します。

それから、結石に関するこんな記事を見つけました。

  尿路結石患者は正常人とどこが違うのか?
   ● 尿中に多くのカルシウムまたは蓚酸を排出する.
   ● 尿中に多くの凝集した結晶を見る.
   ● 尿中の阻止因子が欠乏している.
   ● 尿中に促進因子が多い.
   ● 尿の停滞,感染,濃縮がある.
   ● 偏食が多い.一度に多く食べる.
   ● 動物性蛋白,砂糖,牛乳摂取が多い.
   ● 経口水分摂取量が少ない.
   ● 環境因子(暑くて発汗)が影響.
   ● ストレスが多い.30〜60歳の中間管理職.
        
これを見ると私の場合かなり当てはまります。
食がかなり原因になるそうなので、夜は少なめに脂っこい食事を摂ったりしない。
水分補給、特に寝る前に水分を摂る。(寝ている間に石は作られる)
バター、ほうれん草、チョコレートを食べ過ぎない。
等がこれからの生活の注意点。

これが出来なかったから痩せられなかったんだろうし、一石二鳥でダイエットも兼ねて気をつけるようにします。

a0011999_0132646.jpg

長くなりましたが、悪夢の2泊3日の記録でした。

皆さんもお気をつけあそばせ〜

by quilt4 | 2007-03-15 00:22 | OTHERS | Comments(32)

Commented at 2007-03-15 02:33
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by quilt4 at 2007-03-15 08:26
鍵さん
次の日だったんですよ。
まったくね、ゴマ粒みたいな石がこんなに苦しいのかと思うと不思議なくらい。
でもこれは昔から私の持病。そして今では職業病みたいなもので、バターと砂糖無しには生きられないでしょ(笑)
それにもう慣れたもので、(入院しない軽いものも何度か経験)激痛の中でも石の場所も出る時もわかるんです。これだけ長く自分の身体とつ
きあってるといろんな意味で観念するもんです。
だけど、丈夫な身体に過信がありますから、以降検診は必要だと感じました。おいしいお菓子が食べられる健康な身体でいなくちゃね!

ご心配ありがとう。でも味見はいつでもしますから、これからも美味しいお菓子が出来たら持ってくること!

又お会い出来る日を楽しみにしています。その時今回の武勇伝をイヤでも聞かせます(笑)
Commented by 気まま at 2007-03-15 08:59 x
おはようございます
大変でしたね
結石の人知っていますがやはり同じものを食べても出来る人出来ない人
体質のようですね
水をたくさん飲むのは必要みたいですね
私も血流が悪いので1日に2L飲むようにしています

まだ完全に石が出てないの?
どうぞ気をつけてくださいね
Commented by gomac_ko at 2007-03-15 09:01
あーー!!とんでもなく大変だったんですね!
一気に読んでしまいました。
モルヒネを打つほどの痛みだなんて!!
それなのに 「ぴょんぴょん飛べ」 ですか?!
入院しない軽いもの・・だって相当の痛みなのでしょう。

もう大丈夫なのですか?!
何たって健康一番ですものね。(自分にも言い含めて)
お大事になさってください。
Commented by mikansky at 2007-03-15 10:18
病気じゃない、か。
医者がそういうことを言うとはねぇ。
ドクハラというやつですね。
私は胆管結石をやったことがあります。
ひょっとしたら今もあるかもしれません。
尿管結石が重役病なら胆管結石はCEO病とでも呼んでもらいましょうか、って感じです(笑)

それにしても、そろそろ体の中をキレイにしなきゃと痛感しています。
私もquiltさんのようにフットワークよく動き回ればいいのですが、
何にしても「滞ってる」って感じです。


Commented by quilt4 at 2007-03-15 11:35
気ままさん
おはようございます。
そう、体質だって言われますね。
だから気をつけて体質改善に励んでいたのですが、子供がいなくなってからかなり自由にいい加減な食生活をしていました。
反省です。
気ままさんは2ℓもお水を飲むのですか!
私はとても汗かきなので飲んでも汗になってしまうこともあり、足りなかったようです。
昨夜も痛かったのでまだあるみたいです。
爆弾抱えてるようで不安ですが、いっぱい動けと言う指示ですので頑張ります。痛いのに安静に出来ないっていったいどんな病気なんでしょうね(笑)
Commented by quilt4 at 2007-03-15 11:45
gomac_koさん
夢の中にいろんなケーキが出てきて・・・それが吐き気の強い時に痛み止めでもうろうとしている時なんですよ・・・寝ながら気持ち悪くて参りました。今日はまだケーキを見ても口に運ぶ気になれません。
神様が私の食べ過ぎを戒めてくださったのかしら(笑)

食べ物が食べられないという状況、私の人生においてほとんどないことです。こんな思いをすると普通の当たり前の生活につくづく幸せを感じたりします。
gomaさんは定期検診受けてますか?
健康な身体がないと美味しいものを美味しく食べられませんから、気をつけましょうね、お互いに!

Commented by quilt4 at 2007-03-15 12:02
ミカさん
「入院してる意味がないんですけどね、どうします?」って・・・ハァ・・・
こんなに苦しい思いをしてるのに家に帰っても家事を変わってもらう必要もないという訳、何と残酷な。
ミカさんも結石持ちだったんですね。
胆管では手術になるのかな?
医師は体質によると言われますが、結局食が体質を作る訳だから見直しも必要ですよね。

身体をキレイにする!
外も中も余分なものを排除してスッキリしたい気持ちでいっぱい!
私はしばらくしていない人間ドッグから始めます。
Commented by 文小町 at 2007-03-15 13:03 x
こんにちは!
大変でしたねぇ~
その後、大丈夫ですか?
主人がよく「明日はこないかもしれない~」なんて冗談をいいますが、
健康第一、明日はこないかも~なんて日々大事に暮らそうと思います。

quilt4さんもますますエネルギッシュに!

私も今年あたり、人間ドッグ受けようかな・・・
Commented by yuka at 2007-03-15 13:19 x
うわわわわ~痛そうですね・・・。
痛みの中で、しかも精神の拠り所である医者から「動け、跳ねろ」と言われるほどキツイことってないかもしれないです・・・(汗)
甘いもの(乳製品とかお菓子とかチョコとか)は結石に良くないんですね。私、毎日のように食べまくってるので、そのうち結石ができるのではないかと・・不安になりました。少し控えようかな・・・・・
Commented by あっこ at 2007-03-15 16:37 x
大丈夫ですか?
残りの石は出てくれたでしょうか?
でも、飛び跳ねてさがってくるものなんですか?
スゴイお医者さんですね。
お菓子を作る方にとっては、つらい病気ですね。
でも、ほうれん草の食べすぎもだめなんですね!!
気をつけなきゃ。

私はというと、インフルエンザにかかりました。
熱が下がっても、2~3日はウイルスが存在するので、仕事は今日まで休んでいます。元気になりました。
タミフルは最近いろんなニュースがあるので、恐くて飲みませんでした。。。
Commented by ケリケリ at 2007-03-15 20:15 x
お久しぶりです。
大変な状況なのですね。同僚の男性が苦しんでいたのを見たことがありますが…相当な痛みのよう。お大事になさって下さい。
不謹慎ですが、胃が小さくなって痩せられるとよいですね。
Commented by SOYOKAZE at 2007-03-15 20:38 x
大変でしたね。
ひどい痛みや吐き気の時は
お医者さまももう少し優しく言ってくれてもいいのに。
ますます痛みが増してしまいますよね。

まだ石が残っているかもなんて不安ですね。
食生活に気をつけつつ、お大事にしてくださいね。
Commented by quilt4 at 2007-03-15 21:56
文小町さん
明日は来ないかも知れない、今の時代そのくらいの気持ちでいたほうがいいのかもね。
今回は病気とは言えない病気なんですが、(幸か不幸か)身体のメンテナンスの必要性を感じましたよ。
受けましょう、人間ドッグ。
それに私、ちゃんとした計画でダイエットしますよ!
Commented by quilt4 at 2007-03-15 22:00
yukaさん
人間の身体は恒常性が働いていつも私達の無理な行動をリセットしてくれているんですね。苦労してるんだと思いますよ。
だけどいっぱいいっぱいになるとこうして爆発。脳溢血じゃなくて良かったと思ってます。生活習慣を見直す必要ありですよね。
気をつけよ〜!
Commented by quilt4 at 2007-03-15 22:07
あっこさん
ほうれん草はね、普通の人ならポパイみたいに食べなければ問題ないそうですよ。だけど私みたいな石を作りやすい人にとっての牛乳、チョコレート、ほうれん草、オクラなど(とてもたくさん食べています)やはり控えめにしようと思います。

インフルエンザ、だいじょうぶですか?!
今頃流行ってきていますね。
タミフルは治りが1日早いくらいなんですって?
ちょっと恐いから飲まずに我慢出来ればそのほうがいいのかな。
お大事にね!
Commented by quilt4 at 2007-03-15 22:14
ケリケリさん
結石は男性に多いんですよね。肉や油物、ビールのせいかな。

私は痛み止めが効いている中で見た夢がまだ尾を引いて、ケーを食べたいと思わないのです。
目の前にするとその時のムカっとした感じが蘇ってしまいます。続くといいね、と娘に言われました(笑)
でも今回はいい機会だから食生活見直しでちゃんとダイエットに繋げす。きっかけがないと毎日ダラダラ食べて痩せられませんから。
やるぞ!
Commented by quilt4 at 2007-03-15 22:23
SOYOKAZEさん
ありがとう。
確かに、私が病院にいても「あれで病人?」と思うでしょうが、立てないのに歩けと言ってもね〜
でも寝ていると石もなかなか動かないようですよ。
今は石が溶けやすくなる薬を飲んで水分をたくさん摂っています。
今のところ静かですが、爆弾を抱えて不安なので、痛み止めをいつも持ち歩いています。でも元気いっぱいですよ!
Commented by tutty0603 at 2007-03-16 01:05
大変だったんですね。
夫も若い頃、胆のう・胆管結石で手術して切り取ってしまいました。
本当におそろしく痛いそうで、冷や汗タラタラでした。
痛みは経験者でなければわからないんでしょうね。
夫の場合は1cmくらいの大きな物から砂利のように小さな物まで。
「記念に持って帰りますか?」って聞かれました。ゲッ!
白目が黄色くっぽくなっていたんですよ。それがサインだったみたい。

先日長女が入院した時は病院はハサミ持ち込み厳禁でした。
それにしてもquiltさんは、根性の女(!)だったんですね。
どうぞお大事にしてください。
Commented by harunoyokihi06 at 2007-03-16 10:09
大変でしたね。ゆっくり休んでくださいね。
よ~く休養してまた元気なquiltさんに戻ってくださいね。
璃子ちゃんのポーズはかわいいですね。
Commented by pea mom at 2007-03-16 10:35 x
ご無事でなによりです。
これからは、デトックスに取り組むのがよろしいかと。
ケーキはどうか嫌いにならずに、控えめで。
先生のケーキが食べられなくなっては、大変ですから。
Commented by noppo at 2007-03-16 19:06 x
こわ・・・怖いです。
七転八倒・・・ですか。
尿管結石については、無知でしたので、色々勉強させていただきます。
お大事にしてくださいね。
これからも、美味しい楽しいblogを楽しみにしていますので<m(__)m>
Commented by quilt4 at 2007-03-16 21:19
tutty0603さん
「記念にもって帰りますか」は胆石の場合綺麗な石らしいので言われるんですってね。尿管結石はゴマ粒ほどで汚〜いです(笑)

私、確かに根性あるんですが、やり過ぎてしまいます、時に。
気をつけないと身体が悲鳴あげるまで気がつきません。
アホです・・・
tuttyさんも身体、大事にしてくださいね〜

Commented by quilt4 at 2007-03-16 21:55
harunoyokihi06さん
ありがとう〜ゆっくり休んでって言われると嬉しいです。
医者はジッとしていちゃダメって言うんですもの・・・
この私にこれ以上どう動けと?!
苦しい時は同情して欲しかった(笑)
Commented by quilt4 at 2007-03-16 21:59
pea momさん
今回は水で身体をキレイにしたのか、上から下から流しきった感じで身体がずいぶんスッキリしています。
お菓子はこれからもっともっと美味しいものを作る予定があるんですから、期待してください。
「美味しいものを少し」の食べ方に変えます。
Commented by quilt4 at 2007-03-16 22:07
noppoさん
結石は体質なので、普通の人はほうれん草をたくさん食べてもだいじょうぶ。
だけどホントに恐いですよ。痛いなんてもんじゃない。
規則正しい生活、腹八分目、基本かも!
Commented by koro49 at 2007-03-16 22:53
う~ん、今は大丈夫ですか?
尿管結石は激痛って聞いてます。
知らないうちに体の中で変化が起きているんですね。
気をつけないと。
やっぱり健康で食べものが美味しく食べれるのがいいですよね。
腹八分目ね、肝に銘じます^^;
Commented by quilt4 at 2007-03-16 23:30
koro49さん
今は大丈夫です!ありがとう。
結石は痛いですよ、実に。
最近、太ったこともあるんですが、むくみがあったり疲労感が抜けない等、年のせいにしていたんですが、兆候だったのかもしれません。
この痛みを忘れずにおばちゃんにどっぷり浸かることを反省しつつ、身体のメンテナンスをしようと決心しました。
気をつけましょう、お互いね!
Commented by 99goma at 2007-03-17 23:02
quiltさん 大丈夫ですか?
あまり無理せずゆっくりなさってくださいね。
Commented by quilt4 at 2007-03-17 23:12
99gomaさん
ありがとう!
石が出ちゃうとケロっとするんです。
もうだいじょうぶ。あんなに痛かったのがウソのようですから。
でも少しのんびりしようと思っていますよ。
Commented by at 2007-03-19 14:56 x
ご無沙汰です。先生が入院したみたいと聞いてまさかとおもいましたが、大変なことのなっていたんですね。一緒にゴルフでコース走りましょう。
Commented by quilt4 at 2007-03-19 16:50
雅さん
そう、エライ目に遭いましたよ。
でももうだいじょうぶ。少し痩せましたが・・。
ビール飲んで飛び跳ねることがいいみたいだから、つき合ってね!