ミニーのこと

3月15日、午前2時過ぎ頃、ミニーは天国へ旅立ちました。

眠れません。

ミニーは2月に入って食欲がなくなったものの、餌を変えることで何とか持ち直し、目が見えなくてもトイレは粗相をしたことがないし、壁伝いに自分の寝床のソファの隅っこへ帰っていました。

それも1週間前くらいからは大好きなご飯も食べなくなって、後ろ足を引きずるようになり、みるみる痩せて寝てばかりでした。
歯が抜けて炎症が起きてそのせいでご飯が食べられないのかと思い病院へ行ったものの治療をする術もなく、自分で起き上がることも出来なくなり、体温も下がり、昨日の夕方近くからは息が荒くなってしまいました。

つきっきりになったのは1日だけ。
トイレも最後まで自分で行って、病院で付けられたオムツを1回取り替えただけで逝ってしまいました。

あっぱれです、ミニー姐さん。

オムツをされたことは相当プライド傷ついたでしょうけど、オムツを換えることで私の頭によぎる後悔が少し軽くなったことは確かです。
だけど、明日はオムツを買ってこなくちゃ、と思ったらサッサと逝っちまった。。

息が荒くなってからは抱っこしてずっと名前を呼んで泣き続けました。
聞こえていたのかな。
最後まで身体をなでていてあげようと思ったのですが、苦しそうな息づかいに、もしかしたら私が引き止めているのかもしれないという気がしてきて、ソファの上に下ろしました。
そしてその後フッと居眠りしてしまった隙のことでした。

気の強いお転婆娘だったミニー、18年間の生涯を閉じました。

ミニーは親孝行で素敵な猫ちゃんでした。
私は精神的にどれほど助けられたかわかりません。


ブログでかわいがってくれた皆さん、お世話になりありがとうございました。
生徒さん達にはいつも心配していただきました。

本当にありがとうございました。

by quilt4 | 2012-03-15 05:09 | CAT&DOG | Comments(30)

Commented by pea-mom at 2012-03-15 08:15 x
朝ふと思っていたのです。もしやと。
一緒にいてあげられたのですね。良かったです。
それはミニーちゃんからの最後の贈り物ですね(^_−)−☆
虹の橋で待っていてくれると思います。また会う日まで。
Commented by 気まま at 2012-03-15 09:13 x
ミニーちゃん、quilt4さんの家族になれてよかったと思っていますよ
quilt4さんのご家族も沢山の幸せな思い出を残してもらったことでしょう
最後まで立派でしたね
必ず別れは来るのですがせつなくて悲しいですね
見送ってあげられてよかったです
Commented by kagishippo at 2012-03-15 09:26 x
18年ですか  本当に頑張ってくれたんですねえ
にゃんこが家族になる度に 「15年は一緒に居ようね」
ってお願いしてます
最後まで一緒に居られて良かったです
目が見えなくなっても その 賢明な様子には
いじらしさがあって ココロ揺さぶられます

ミニーちゃん 安らかにね


Commented by u-mama at 2012-03-15 09:50 x
綺麗な瞳のミニー、
おやすみなさい。


今まで姉さんを支えてくれてありがとう。
ミニーは幸せだったね、いつも居心地のいい場所をおかあさんに作ってもらっていたんだから。

あたしゃ、いい人生だったよ・・・・って言ってるね。

これからはお日様になって姉さんを支えてやってね。
Commented by gomac_ko at 2012-03-15 10:20
ミニーちゃん、どうぞ安らかに。。

最後を一緒に過ごせたのですね。
どこか「明治女」の気質を感じました。
みごとなあっぱれニャン仔さんの姿が心に沁みます。

これからは暖かな日差しの中でお座布の上での~んびり、
みんなが来るまでゆ~~っくり待っててね。
Commented by quilt4 at 2012-03-15 10:41
pea-momさん
たった今、前にミニーといっしょにいたことのあるチョビ(ワンコ)のお墓へ預けてきました。
今頃会っているかもしれません。
家に帰って来るといつもひなたぼっこしている場所にミニーがいない。。
涙はしばらくとまりそうもありません。
Commented by quilt4 at 2012-03-15 10:47
気ままさん
私ってね、いい年して今まで一度も間に合ったことがなくて。。
ミニーもしかり、ふと目を離した隙に逝ってしまいました。
あまり執着していたから行きずらかったのかもしれません。

家のどこを見渡してもミニー思って辛いです。
これから先がもっと悲しくて切ないかもしれません。。
Commented by quilt4 at 2012-03-15 10:51
kagishippoさん
ミニーのしっぽはカギしっぽでした。
野良猫を拾ってきて病院に連れて行った時、「この子しっぽが折れてるんです」と言って先生に笑われたことを思い出します。
ミニー姐さんの性格そのものの、最後まで貫きました。
きっと天国で安らかにひなたぼっこしていると思います。

Commented by quilt4 at 2012-03-15 10:56
u-mamaさん
ほんとにほんとにたくさん支えてもらいました。
猫が苦手だった私にしがみついてきた野良猫ミニー、この運命をわかったいたような気がします。
人生の曲がり角で流す涙はいつもミニーがなめてくれていたっけ。
それにしても寂しいもんです。。
ウーさん、大切にね。
Commented by quilt4 at 2012-03-15 11:01
gomac_koさん
明治女の気質、まさにそうですね。
気が強く、気に入らないとシュッとやられました。
ミニーのお墓は日当りのいい芝生の小さな所にしました。
さくらを眺めながらゆっくり眠ってほしいです。
そんなところも今となっては魅力に思えます。
Commented by kiki at 2012-03-15 13:02 x
先週の土曜日に会ったときは、元気に見えたけれど
歩き方は弱弱しかったですね。
京子先生の癒しがいなくなって心配ですが、
ミニーちゃんがきっと天国で見守ってくれていますよ。
ミニーちゃん安らかに・・・・。
Commented by quilt4 at 2012-03-15 16:33
kikiさん
そうなんです、徐々に弱っては来ていましたが、食べ物を口にしなくなってあっという間に衰弱しました。
餌のお皿もトイレも何もない家の中が辛いです。
こんなに悲しいなんて思いませんでした。。
Commented by PB at 2012-03-15 20:51 x
幾度となく辛い別れをしてきたことを思い出します。辛くないわかれなんてありませんよね。でも、思い出すたびに涙がでても温かい気持ちになれるんです。そういうものですよね。家族以上の家族って。ミニーちゃんもきっとそう。どうぞ安らかに。そしてquilt4さんの寂しさが少しでも癒されますように。
Commented by あっこ at 2012-03-15 22:19 x
ミニーさん 安らかに眠ってください。
私は、こちらでしか会った事がないけれど、ちょっと気が強いけれど、スマートで粋な姐さんなんでしょうね。
実は、ひそかにミニーさんは、quilt家の影の親分なのではないか?と思っていました。quiltさんを、シッポで操っていたのではないのでしょうか?(冗談です!)

しばらくは、quiltさんも涙に明け暮れてしまうかもしませんが、無理しないで たくさん悲しんで、さびしがって 泣いて下さいね。
私は、以前あんまり泣けませんでした。その分、今頃になって、じわじわ思い出してしまいます。

Commented by quilt4 at 2012-03-16 09:37
PBさん
辛い思いを何度してもペットにはそれを超える幸せをもらっているのですね。
一日経った今は、家の中の行動ひとつひとつにミニーが逝ってしまったことを思い知らさています。
お布団に入ってこなくて寂しくて、朝布団をはぐ時もミニーを気遣う自分、いつも視線の中に静かにいたんですね。
早く温かいいい思い出になってほしい・・・ありがとうございました。
Commented by quilt4 at 2012-03-16 09:47
あっこさん
ミニーはゴッドマザーキャットでしたか・・そうかもね!
しっぽなんて容易に触らせてくれなかった姐さんですが、オムツを換える時しっぽを拭いても身動きひとつしなかった時は泣けましたね。
私を操っていたカギしっぽを最後にあずけてくれたわけです。
気高く人に媚びルコとをしなかったから人に怖がられたりもしましたが、
私には時には赤ちゃんでした。
ああ、また涙が出てきます。
でも今は思う存分ミニーを思って泣くしかないもんね・・・
ありがとね〜
Commented by coromama at 2012-03-16 13:09 x
ペットとの別れ辛いですね。
昨日教室で泣いたのに、今こうしてメールしているとまた涙が出てきます。
ミニーちゃんと我が家の先代のコロが天国に旅立った時とあまりにも状況が似ているので思い出してしまいました。
心のなかにはずーっといてくれるから大丈夫ですよ!
たくさん泣いてあげてね。
Commented by quilt4 at 2012-03-16 18:13
coromamaさん
昨日はありがとう!
いっしょに泣いてもらってうれしかったです。
私には気持ちをわかってもらえる仲間がたくさんいて幸せ。
この仕事をしていてほんとに良かったと思います。

時がどれほど経てば涙が出なくなるんだろうと思いますが、coromamaさん達を見ていて永遠に涙なんですね。
今はどこからこんなに涙が湧いてくるのか不思議なくらい、何をしていても流れます。
Commented by evecookymama at 2012-03-17 04:34
quilt4さん
さみしいねー、かなしいねー愛する者をなくすという事を初めて教えてくれた私の可愛い子たちのことは8年経つけれど1日も忘れて事がありません。今だって目をつぶればあの子たちの可愛いしぐさや、まなざしがちゃんと浮かんできます。彼女はイブちゃん、彼はクッキーでした。
quilt4さんの心を思うと私まで思い出して悲しくなります。
それだけ愛していたんだもの・・悲しんで切ない思いをずーっと持っていてください。私も虹の橋で待っていてくれる我が子にいつか会える日を楽しみに生きています。
Commented by quilt4 at 2012-03-17 18:23
evecookymamaさん
eveちゃんとcookyちゃんだったんですね。。
そうですか、みなさん辛い思いを乗り越えてきたんですね。
18才の大往生とは言え、切なさ、悔しさ、寂しさでいっぱい。
毎日当たり前のようにいっしょに生活してきて、急にいなくなる。
これは心にぽっかりと穴があきますね。
でも事故でも病気でもない一番幸せな終わり方だったんだと自分に言い聞かせています。
そう思いつつ涙は流れっぱなしです。
Commented by brownlabstar at 2012-03-17 22:21
家族として生活している子供たちとの別れはつらいです。
ミニーちゃんは本当に幸せな18年だった事でしょう!

我が家のモモもここのところ急に老いてきて・・・
9月に14歳。
頑張れ~の毎日です。



Commented by makko_sweets at 2012-03-18 09:12
はじめまして。eveさんのブログで、ミニーちゃんのことを知りました。うちのクーも二年前の三月十三日に逝ってしまいかした。今でも思い出すと辛いです。点滴や投薬、そんなことより自然に死なせてあげたら、と今でも後悔しています。quiltさんが、フっと居眠り。私もそうでした、一瞬だったけどクーがピクっと動いて、それが最期でした。いっぱい泣いてあげてください。きっとミニーちゃんはどこかで見てると思います。読んでいて、すごく気持ちがわかって、思わずコメントしてしまいました。
Commented by quilt4 at 2012-03-18 11:18
brownlabstarさん
猫の自由奔放さと媚びない所が好きです。
ミニーは個性的な猫でした。生き方、性格は最後にも表れるんでしょうね。

モモちゃん、14才ですか。
だんだん甘えん坊になってきますね。
まだまだ元気でたくさん楽しい時間をいっしょに過ごすことができます。
大切にしてあげてくださいね。
Commented by quilt4 at 2012-03-18 11:31
makko_sweetsさん
初めまして!
eveさんにはいつもお世話になっています。
クーちゃんは2年前の3月13日・・・ミニーが動かなくなった日。
やはり病院で点滴や注射をされて、心臓が強いから元気になるかもと言われて希望をもったんですが・・・
次の日に点滴に行った時はもう体温が下がっていました。

何をしていても涙が出る毎日ですが、様々な後悔を少しずつ水に流してくれているような気もします。
皆さんのやさしい気持ちが嬉しくて、悲しい心が温かい気持ちに変わってきています。
ありがとうございました。
Commented by なお at 2012-03-19 15:14 x
おひさしぶりです。
ずっと前にブログにお邪魔させてもらっていた
なおです。
ミニーちゃん、お星様になったんですね。
思わず涙がこぼれました。
一年半前に、私も愛猫を亡くしました。
何日も涙がとまらなく、あーすればよかった、こーすればよかったと、後悔しました。
quilt4さんの、今の気持ち痛いほどわかります。
でも、最期を愛情持って看取れたこと
みにーちゃんにとって幸せですよ。
一番綺麗なお星様になって
quilt4さんを見守ってますよ。
Commented by quilt4 at 2012-03-19 17:36
なおさん
お元気そうでなによりです。
ミニー、お星様になってしまいました。。
今頃なおさんの猫ちゃん達ときっと遊んでいると思います。
ほんとに涙がこんなに止まらないなんて・・・でも今、不思議と澄んだ気持ちでいます。
たくさん抱えていたストレスをミニーが持って行ってくれたようです。
あれもこれもと頭の中を駆け巡っていた事が飛んで行ってしまいましたから。
18年間、いつもそばにいて私の生活や心を一番知っている子です。
人生に一区切りついたような気もします。
頑張ってこれから自分らしく生きていくから見守っていて欲しいと手を合わせました。

Commented by noppo at 2012-03-20 17:34 x
ミニーちゃん...
悲しくて,ちゃんと記事が読めなかった.
ふぅぅぅ
お別れはついてまわるけど,元気だったころのことを,悲しい気持ち抜きで,暖かい気持ちだけで思い出せるようになると良いなぁと思います.
web上でしか会ったことないけど,たくさんの癒しをありがとう.
Commented by quilt4 at 2012-03-20 18:16
noppoさん
ジッと立ち止まっている私です・・
病気ひとつせずに18年間いっしょにいてくれた子だから、
早く元気だった頃の楽しい思い出で心を満たさなければミニーが悲しみますね。
noppoさん、こちらこそありがとう。
お気持ち、きっとミニーに通じていると思います。
Commented by anello63 at 2012-03-20 21:31
とうとうミニーちゃんいろいろな思い出を残して
逝ってしまったんですね。
18年は猫ちゃんでも長生きのほうでしょうね。
まだまだ悲しみの中から踏み出せないでしょうけれど、
楽しかったことをたくさん思い出してあげてください。
元気なquiltさんを見たいってミニーちゃんも思っているかもしれませんね。
quiltさんも体調を崩されませんように。
Commented by quilt4 at 2012-03-20 23:32
anello63さん
18年間、数日前まで元気でいてくれて、全く親孝行な猫でした。
雛祭りにはお魚をいっしょに食べたし、テーブルから盗み食いしたりしていたんですよ。
思えば最高に素敵なペットちゃんでした。
そろそろ悲しみから抜け出して元気な私に戻らなければね。
体調といえば、寝不足だったせいか風邪を引き、リコも熱を出して
ずっといっしょにいました。
もう二人共良くなりましたが、リコがいてくれたお陰で気が紛れていたように思います。
ご心配ありがとうございます。