ちびっこランド

a0011999_21452749.jpg

LANDのログハウスに初めて泊まりました!

妹の孫のY君とリコはとても仲良し!

婆2×孫2でロフトと下と両方に、バンビにはYさんとウーさん、というふうに宿を取らなくてもLANDに宿泊できるようになったんです。

感慨深いです。
2008年の夏から開拓を始めて丸3年。
ここまで長かったような短かったような・・・でもまだ3年!(そう思います)
a0011999_21524160.jpg

出かけた日はとても暑い日でしたが、ログの中はひんやり。
丸太の太さが熱を遮断するのと、この素敵な土間のお陰かな。

石やタイルをはめ込んだ土間(靴であがるには勿体ないような)は妹作。
朴の葉のデザインと色がサーモンピンクの土台にとても良くあっていて感心しました。
ここには小さなベンチも置く予定、出かけるたびに楽しみが増えています。

子供達にとって、小さなこの小屋は格好の遊び場となり、二人で本を読んだり、ジャンプしたり、ままごとしたり。
見ていてとても幸せな気持ちになりました。
a0011999_21594218.jpg

朴の葉を傘にして遊ぶ子供達。
テレビも玩具も遊具もないLANDで、想像力ひとつで一日中遊び通す子供達は遊びの天才だと思います。
葉っぱと土と水、そしてカエルやダンゴムシ、ミミズまでが友達で、散歩は探検、どんな小さなことにもワクワクして実に楽しそうです。

いつまでもこの無邪気な子供の姿を見つめていたいけど・・・(早く大きくなって力仕事して欲しい気もするし)
a0011999_221366.jpg

3年目の花壇にはハーブが活き活きモリモリ育っています。
a0011999_2231395.jpg

大きなあじさいだと思って買ったという苗は小さなあじさいだった。。とがっかりする妹。
でもこのほうがかわいいと思うよ!
来年はもっともっと増えていることでしょう。
a0011999_226494.jpg

7月1日から始まったブルーベリー狩りにもでかけましたよ。

まだ青い実も多いものの、大粒で甘い実もたくさん。
二人とも夢中で摘んでは口に運んでいました。
大人が上の方ばかり摘むので下の方の実は熟しておいしくなっているとか。
子供の特権です。

今朝は朝の5時から起きて遊んでいた子供達、疲れて今頃ぐっすり眠っていることでしょう。
この夏はもっともっとたくさん楽しい思い出を作ろう!

by quilt4 | 2011-07-04 22:29 | DREAM | Comments(16)

Commented by gomac_ko at 2011-07-05 10:39
まぁ♪ 夢のような世界ですね。
初お泊りはさぞや夢の世界でしたでしょう。

起きても寝ても周りを見回し、音を空気を全身で感じて・・・
寝てしまうのが勿体ないと思ってしまいそうです。
Commented by brazo_de_gitano at 2011-07-05 12:36
Landの完成おめでとうございます。宿泊もできて、自然とたくさん接することができて、おまけに土間まであって・・・・。皆さんの努力の賜物ですね。ステキです。
たくさんの思い出を作ってくださいね。
Commented by u-mama at 2011-07-05 13:21 x
お疲れ様でした~!!!!!

というか、気疲れしました!初の孫とのお出かけは。
孫と簡単に言っても人様からの大切なお預かりモノなので
無事けがもせず帰れて良かったと、それが一番の感想です。

当分・・・・・もういいかも。。。
作業が出来なくなるのでということで、ははは、、、
Commented by quilt4 at 2011-07-05 13:57
gomac_koさん
この中はひんやりとても気持ちよく、ロフトで横になりながら
斜めの天井を眺めて満足感に浸りました。
のんびりと長く泊まっていたいものです。

鍵も預かったのでいつでも家出できるぞ!
Commented by quilt4 at 2011-07-05 14:16
brazo_de_gitanoさん
いえいえ、まだまだ完成には至りませんが、ログ小屋第1号が出来て泊まれるようになったことは、私にとって夢の実現の第一歩、とてもうれしいことです。
これから増々思いでが増えると思います。
Commented by quilt4 at 2011-07-05 14:20
u-mamaさん
婆+孫1は初めてで疲れましたか。
孫1も水遊びしてさぞかしぐったりじゃなかったかな?
ま、これは慣れの問題で、私の場合は既に自分の子供のような感覚でつきあってますのでそうなればこっちのもん。
怪我のひとつくらいは我慢してもらいましょ!

もういいかも、と言ってもたぶん孫達はこの夏ノリノリでしょうよ♬
Commented by よん at 2011-07-05 15:15 x
ちびっこ、かわいいですね!!
暑さもなんのそのですね。
葉っぱを持つ後ろ姿は、”リアルアリエッティ”ですね!
カラスにご注意くださいな♪
Commented by quilt4 at 2011-07-05 16:35
よんさん
かわいいでしょ、この写真♬
暗くなるまで夢中で遊んだ子供の頃を思い出しますよね。
自然な物がなんでもおもちゃになって、カラスが来たら追いかけるね、きっと!
Commented by ひで at 2011-07-08 22:42 x
u-mamaさんのサイトにまるで更新が無く「どうしたかな??」と少々気がかりだったですが、こちらで真相がわかり、納得です。ありがとうございます。
小諸ランドの理想的な使われ方じゃあないでしょうか。
あのような環境でも「遊ぶものが無くてつまんない」なんてお子たちでなくて、こっちまで嬉しくなります。
逆に「ああ、今どきの、これからの子にも通用する魅力なんだなあ」と、何だか安心までさせられてしまいますよ。
さしずめそこで作業して遊んでいる我々は、ビールとおいしいもので動く「でっかい子ども」でしょうかね??
Commented by quilt4 at 2011-07-09 17:42
ひでさん
そうそう、心配しましたよね〜
仕事が忙しいことはいいことです。
そうしてまた小諸へ思いを馳せ、ビールがよりおいしくなるってもんですよ。

Yさんとも話したんですけど、最近は山へ子供を連れて行っても退屈しないようにゲームを持っていくとか。。
テレビやゲームは子供を(大人も)吸い付けてしまう・・魔法にかかったように。
家にいて我慢させるのは親も子もきついでしょうが、小諸のように何もない所に子供を放すべきですね。
私たちが昔暗くなるまで外で遊んだ時と同じことを自分たちで考えて遊び出しますよ。
今も昔も子供の心は変わっていない。

でっかい子達にとってのあの場所は心をリセットしてくれる聖地だと思っています。
働いてビール飲んで温泉入って、最高だね!
Commented by brownlabstar at 2011-07-10 22:09
こちらにも可愛い2人のお写真がありました~!
ホントに何だかほのぼのとした良い遊び友達ですね!
何も無かったところにお泊りできるログが出来た。
これからどんなにか楽しめるでしょう♪
長く長く遊べるようお互い元気で頑張りましょう!
我が家のログはきつい階段を登らないとダメなので
あれが登れなくなったら・・・。
でも行く度に何度も上り下りするので鍛えられてるはずですが・・・。
Commented by sarah000329 at 2011-07-11 14:36
もう泊まれるようになったんですか!?
三年というと長い年月に感じますが、こちらで拝見していた私にとっては
なんだかあっという間に感じます。

私も、今年の秋はお邪魔しちゃおうかなーーーっと! (笑)
Commented by quilt4 at 2011-07-11 22:09
brownlabstarさん
この写真、いいでしょ!
3年前は雑木林だった所がこんな素敵な遊び場になってお家もできました。
ほんとにいつまでもみんなを連れて行けるように頑張らないと!
でもそのうち孫に運転してもらう日も来るのかな。。それはそれで楽しみだけどね。

きつい階段で体力を維持ということはありますよね。
この土地もなにげにどこへ行くにも坂あり段ありなので、普通に生活しているだけで、足にかなりきます。
いつかテレビでバリアフリーに敢えてせずに老人の足腰のリハビリをする施設の紹介をしていましたが、納得します。。
Commented by quilt4 at 2011-07-11 22:13
sarah000329さん
ログ第一号、始めの一歩です。
6帖一間くらいにロフトを付けた小さなログなのですが、丸太の質感は落ち着くものですね。
それにとても涼しい。
夏の夜は気持ちいいですよ〜〜遊びに来てください〜〜
Commented by norifull at 2011-07-13 21:04 x
あぁ。なんかいいなぁ。
とても素晴らしい遊び場ですね。

自分が小さい時、どんなだっただろうって、思い返していました。
翻って自分の子にはこういう遊び場を全く体験させてあげられていないことが悔やまれますね。
Commented by quilt4 at 2011-07-13 21:58
norifullさん
水と土と草と虫と、それがここでの子供の遊び相手です。
まぁいろいろ考えて遊びますよ。

自分の子供の頃はこれが普通だったけれど(親の目もバアバの目も届かない所で危険なことだっていっぱいしてましたね)、
今ではこうしてお膳立てしなければこの環境は得られないのですものね。

やはりホタルを見に出かけてみましょうか♬