薪釜パン工房 木の葉

byonbyonさんに紹介してもらって、早速行ってみました。
a0011999_1714071.jpg

a0011999_1712212.jpg

「konohapan cafe」
青梅市黒沢にある薪でパンを焼く素敵なカフェです。

家からは30分弱。
CAFEのカテゴリーよりTRIPに入れたいような場所にあるお店です。
この日はリコと大東いちご園に寄って、圏央道の青梅インター方面から小曾木街道へ入りました。

最近テレビで紹介されたそうで、日曜日の朝は開店20分前に行ってもかなり待ちました。
それでも駐車場の整備も待ち用のいすも完備されていて、森林浴をしながら待つことも楽しい景色です。
a0011999_1733176.jpg

このテラス席を狙っていたのですが、一つ内側の席でした。
a0011999_1755616.jpg

テラスの下には小川が流れていてとても気持ちいい。

店員さんはとても感じよく、セットメニューのビーフシチュー、他にアイスコーヒー、オレンジジュース、コーンスープを注文。
a0011999_1717518.jpg

帰りではパンがなくなるかもしれないとのことなので、料理を待っている間にパンを見ることに。
a0011999_1719350.jpg

くるみとココナッツ、ラズベリー、シナモンレーズン、バゲットを買ってみました。
a0011999_17135841.jpg

ビーフシチューセット、1500円。
パンとコーヒーはおかわりできるそうですが、私はリコと二人でパンが食べきれず、持ち帰りました。

お味はGOOD!
酵母は青梅の杜の山桜の樹から見つかったものを使っているんですって!
興味のある方はHPを見てくださると詳しく載っています。
http://www.konohapan.jp (クリックしても飛びません。すみません、何だか調子悪いようです)

モチっとフワッとは天然酵母パンの魅力だと思いますが、お代わりできるパンでこの味はステキだと思います。

ビーフシチューも野菜が新鮮で色も鮮やか、お肉も柔らかでおいしかった!
a0011999_17352945.jpg

この薪釜でパンを焼いています。

オーストリア、アルプスの麓の里山にある農家の古いパン焼き小屋がモデルだそう。
伝統のグレコローマン式蒔き釜を日本で初めて完成したということです。

薪釜の温度調節って難しいんだろうな〜
a0011999_17361464.jpg

焼く前のポニョっとしたパンの生地がきれいです。

小諸にもパン焼き釜を作る予定ですが、この作業を自分達でできるなんて・・・想像するだけで楽し過ぎます!
ワクワクする気持ちを抑えきれずにジリジリと少しずつ近寄って行って写真を撮らせてもらいました。
釜の中も撮りたかったのですが、忙しそうだったので遠慮しました。(しなきゃ良かった)
a0011999_1744234.jpg

部屋の中にはスタイリッシュな薪ストーブが。
a0011999_17451552.jpg

レジの後ろにかかっている、リコの目が釘付けになった絵。

ウサギさんがパンを焼いています。
絵本の中のパンやカステラを「作って!」とせがむ子供達にとって、この絵を眺めながらこの景色の中、このパンを食べられるということは、きっと絵本の中に迷い込んだように感じることでしょう。
子供だけじゃなくて私もそう。
パンもお菓子も本の中の一場面と重なってワクワクすることは、この先いくつになっても忘れたくないし、素材や作る人を思い、雰囲気を味わって脳も胃袋も満たしたいものです。

そうそう、カメラを構えていて感じたことがあります。
表は大勢の人が待っているのにcafeの店内は思ったほど混雑していなくて、ゆったり落ち着けるように調整してくれています。
テイクアウトのみのお客さんの制限もあります。

待っている間はバタバタと食べて出なきゃならないのかと思いましたが、ゆったりなテーブルセットと空間、そしてポッテリとかわいいトナカイの模様の食器で楽しめます。

パン好きな方は是非行ってみて!
リコママはお土産のパンを食べてとても気に入り、この店が気になって仕方ない様子。
私もすぐまた行きたくてウズウズ。

素敵な店です。

薪釜パン工房 木の葉
東京都青梅市黒沢3−1574−1
0428−84−2280(電話予約は無し)
営業時間 11時〜17時
定休日  水曜日、第2第4木曜日

日曜日はとても混みますが、平日は大丈夫ですって。

by quilt4 | 2011-06-13 18:23 | CAFE