ロールケーキ用?

a0011999_17123583.jpg

久しぶりの箱。

高校時代からの友人の誕生日のお菓子を入れようと思って作った。
チェリーボンボンにクッキーに、と思い描きながら作ったら、高さが2cm大きくなってしまった。
そこで、考えた。

お菓子はロールケーキに変更!
a0011999_172377.jpg

スフレロールにカスタードクリームと生クリームを巻いて、なんとぴったり!

ご主人との素敵なティータイムにコースターも共布で。

最近は年に2回、「ありがとう」の声を聞くだけになってしまったけど、その時の私達は高校のバレー部に戻っている。
40年も経っているのに。。。
人って基本的な性格は何年経っても変わらないものなのね。

ただ昔と違うのは、「身体が資本だから、無理しないで」と、ここ何年かで頻繁にこの言葉が友人の口から出るようになったこと。
祝ってるつもりがお礼の電話で気遣われてしまう。

考えてみると昔から私と彼女の間はいつもこうだったっけ。
強がりの私も彼女の前ではつい本音を漏らしていたような気がする。


「ありがとう」の電話、ありがとう!

ホッとするひとときでした。

by quilt4 | 2011-02-06 17:52 | CARTONNAGE | Comments(8)

Commented by u-mama at 2011-02-06 19:57 x
こんばんは♪
水玉とチェックというのはどうしてこんなに乙女の心を揺さぶるのでしょうか・・・♡
落ち着いた色合いの水玉もポップな水玉もどっちも良いですね。
3歳児も50歳児も好きでたまらない永遠の憧れです。
50歳児って・・・・・・(こわい、、、)
Commented by brazo_de_gitano at 2011-02-06 20:21
こんばんは。すごくかわいい箱ですね。おまけに共布のコースターも素敵ですね。quilt4さんの魔法の手にかかるとなんでも可愛くなりますね。私も高校時代の友達がいちばん仲良くしています。卒業してから何年たっても、話をするとすぐにあのころに戻れるのが不思議ですね。
Commented by quilt4 at 2011-02-06 22:53
u-mamaさん
3歳児から50歳児までにも受ける水玉ですか〜
さすがにアラカン世代にはシブい水玉にしておきましたが、実はポップなドットに心揺さぶられてしまいますよね。

これ作った時、ロールケーキは抹茶のスフレにしようかと思ったんですが、あまりにぴったりでシブ過ぎかなとやめました。
でもきっとKさん小豆の抹茶ロールの方が好きだったよね?!
Commented by quilt4 at 2011-02-06 22:58
brazo_de_gitanoさん
これ、お菓子の箱って感じじゃないですか?!
チョコレートっぽいでしょ。
気に入りの生地3色です。

高校時代、部活で同じ釜の飯を食った仲間とはいつ会ってもその時のままです。
「あんまり成長してないな」とそんな時ふと思ったりもしますが(笑)
変わらないということは幸せなことでもありますよね。
Commented by brownlabstar at 2011-02-07 22:23
私も結構何でもやりたがり屋ですが・・・Quiltさんには脱帽です!
お菓子のボックスも手作り!綺麗だなあ
私も中学・高校はバレー部でしたよ。
Commented by quilt4 at 2011-02-08 12:35
brownlabstarさん
恐縮です。。
年を重ねるごとに、そして失敗をするたび、身に付いていくものですね。
年くって作れないものは、もはや子供くらいなもので、その気になれば自分で作れないものはない!と、そう思うとワクワクします。
ログだって手作り!
私こそ脱帽ですよ〜

それにしても中学、高校とバレー部でしたか!
うれしいなぁ。
なんだかグッと近づいたような気がします。
ちなみに私は高校とママさん、47歳までジャンプしてました。
(お陰で膝はボロボロですけどね)

Commented by ひで at 2011-02-15 23:32 x
おじゃまします。
野良仕事スタッフの“O”こと ひで でございます。
このたびは誕生祝いをいろいろといただきましてありがとうございます。
「いや〜こちらまでスミマセンね」というのが本来ですが、
「やった〜!!」の気持ちです正直なところ。
手作りはすごいです。
作れるひとも凄いし、その完成度も、ですね。
いただくものが手作りだと感動します。
考えてみると今どきは文字だって「入力」したものが多いですから、
肉筆、というか手書きしてくれたお手紙もすでに感動しちゃいますもんね。
ウチの娘も、リコちゃんのように野山に出掛けて美味しいもの作ってもらって食べるのが好きな子になるようにしたいです。

あ、余談ですが、
リコちゃんとあちこち遊びにお出掛けになられてるお姉様でしたらすでにご存知かもしれませんが
飯能市「あけぼの子どもの森公園」てご存知ですか?
ムーミンの家をイメージしたらしい奇妙な建物があるんですよ。
先日の「森のアルム」の写真見て思い出したのです。
残念ながらこちらはレストランじゃありませんで、中を巡って遊ぶ施設ですけど、夢の建物のイメージとしておもしろかったですよ。
Commented by quilt4 at 2011-02-16 00:43
ひでさん
ようこそ、お越しくださいました〜!
うれしいコメントありがとうございます。

手作りを仕事にしていますもので、ついなんやかやと押し付けてしまいます故、そのあとで「趣味違ったかな・・・」なんて不安になったりしています。

リコは「大きくなったらママみたいにヨガの先生になる、そのあとバアバみたいに作る人になるからね」と気を遣ってくれています。
ひでさん、今はたいへんでしょうけど、日々を大切に育児を楽しんでくださいね。
リコくらいになったら会話がほんとに楽しいです。
赤ちゃんだと思っているとドキっとさせれらたり、こちらも襟を正して接していかなきゃと思ったりもします。

それから、「あけぼの・・」!
よく行くんですよ〜
娘もリコもムーミン好きで「この家、そのまま小諸に持っていきたいね」と。
で、妹の記事を見て思わずムーミン谷?とコメントした次第です。
家からは30分くらいかな〜
暖かくなったら又行ってみます!

小諸でA子ちゃんがリコと遊べる日が待ち遠しいです。
おっと、その前に今年の春はご家族とお会い出来ることを楽しみにしていますね!