春の嵐

a0011999_172049.jpg

「連休の天気は大荒れ」

覚悟はしていたつもりです。

土曜日の晩の嵐にほとんど眠れず、それでも朝には静かになってくれたので「よし!」とばかりにリコを連れてコモロへ出発しました。
曇っていましたが時々お陽様が顔を出す関越道を大声で歌いながら走っていました。

ところが向かう先の山々は、どんより曇って空との境界線もわからないくらい。
それに風もかなり強くなってきて、久しぶりのLANDへの道も「頼む、晴れてくれ!」と祈る気持ちと共にハンドルをしっかり握って走らなければなりませんでした。

LANDには妹達が既に前日から泊まっていましたが、雨はひどかったけど風は気がつかなかった、とのこと。
おそらく酔いつぶれていたのだろうと想像しましたが、その後のコモロの天気といったら、陽が射したかと思うと暗くなり、雨になり、みぞれになり、挙げ句の果てには5mmくらいのまん丸のあられがバラバラと横殴りに降ってきて、まさに大荒れ、「春の嵐」です。
寒い!
a0011999_17451297.jpg

リコとの約束だった苺狩り。
温かいハウスの中に避難です。

ミルクをお替わりして食べる食べる!
考えてみると私はこれが初めての苺狩り、苺大好きなのにどうして来なかったのだろうと思いつつ、お腹が苦しくなってもまだ食べたい・・・でも思ったより入らないものです。

a0011999_17535812.jpg


a0011999_17541771.jpg


寒いといっても凍っていた土は解けてフンワリ、水仙、チューリップ、ムスカリ、ペパーミントも元気に緑の芽を出していました。

うれしいものです。

いつものように近くのログハウスに泊まった次の朝、気温は−3度。
キーンと冷たい空気の中、寝起きで温泉に直行しました。
外のお風呂に出るドアを開ける時は少々勇気がいりましたが、飛び込みに近いくらいの勢いでドボ〜ンと浸かれば、ジワ〜〜〜ンと身体は温まり、−3度の空気に触れている顔だけはピキ〜ンと冷たい状態。
これがまたいいんですよね。

妹とは夜中までお喋りできたし、天気がどんなであろうと私にとっては魅惑のコモロです。

by quilt4 | 2010-03-23 18:17 | DREAM | Comments(4)

Commented by brazo_de_gitano at 2010-03-24 06:39
小諸に行かれたのですねー。quilt4さんのブログを通して、今の小諸の様子がわかるのが、楽しみです。それくらい、私も小学生のころは小諸に連れていかれたのを思い出します。久しぶりに、小諸行ってみようかしら?ずいぶん変わったのでしょうね。
Commented by quilt4 at 2010-03-24 11:27
brazo_de_gitanoさん
小学生の頃に小諸に?!
親戚の方がいらしたのでしょうか・・・そうですか〜
私は高校のバレー部で夏の合宿が小諸でした。
今その場所を知りたくて調べている所なんです。
山の上まで走って行って、青りんごを食べたことは覚えているんです。

小諸は今だに大きな開発もなく、きっとそんなに変わってないのではないかしら?
大きな道路や新幹線は目立ちますけどね。
出かける機会があったらLANDにもお寄りください!
Commented by brazo_de_gitano at 2010-03-25 06:17
小学生のころに、毎年夏休みに菱野温泉に泊まりに行っていました。
というのは、母方の祖母(故人)が毎年1ヶ月くらい湯治で泊まっていたので、そこに夏休みの旅行として家族で行き、帰りは祖母を乗せて帰京していました。

菱野温泉は山の上にありましたが、今もあるのかどうか。私と妹は近所にあった町営プールに行ってよく泳いでいたのを思い出します。
Commented by quilt4 at 2010-03-25 09:19
brazo_de_gitanoさん
菱野温泉、行きました。
トロッコで更に山を昇っていくとてっぺんに温泉があるんですよね。
でも私が行った時はトロッコを修理して昇れませんでした。
そろそろ又行ってみたいな。

湯治に良い温泉はこの辺にはたくさんありますね。
小学生の頃の思い出の町営プール、なつかしいですね。
今もあるといいですね。

私も記憶の糸を辿りながら小諸の町を眺めているんですよ。
同じ思いを抱く人が見てくれていると思うとうれしいです。